TATSU&YUKIの二人旅.COM

海外滞在期間は計"約4年半!留学・ワーホリ&世界一周旅行をした元バックパッカー夫婦の旅行ブログ

MENU

アンコール遺跡群観光4【プリアカン・プノンバケン/アキラ地雷博物館 】

アンコール遺跡群"プノンバケン"

カンボジアのアンコールワット遺跡群の第四弾(2日目後編)です( ^ω^ )

"アキラ地雷博物館"と、アンコール遺跡群の"プリアカン"、そして夕日を眺める為に行った"プノンバケン"についての旅行記。

アンコールワット以外にも、色々な観光名所があります!

トゥクトゥクのドライバーさんが行方不明になったアクシデントも(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

トゥクトゥクのドライバーさんが行方不明!?

(2014年5月23日)クバールスピアン遺跡を見学し、ハイキング道を30分歩いて戻ってくると、出入り口で待っているはずのトゥトゥクのドライバーさんが居ない!!

 

↓前回までの旅行記はこちら。

 

トゥクトゥク自体はあるから、置いていかれてしまったわけではないんだけど、待ても待てども帰ってこない!!

 

近くのレストランスタッフに尋ねてみたが、見かけていないとのことで、困ったなぁ〜。

 

まあ、そのうち帰ってくるだろうと結局待つこと1時間。

、、、。

、、、。

裏の草むらみたいな所からドライバーさん登場。

ごはん食べてたよ。」とか言うけど、レストランは数件しかないし、どこで食べてたんだろう?

この辺りに住む人の知り合いでもいたのかな?

まあ、優しいドライバーさんなので、このくらい全然構わないんだけど、観光客も殆ど見かけない辺鄙な場所だから、あたしゃ、ちょっとソワソワしてしまったよ。

 

▼この写真は前に隠し撮りした、昼寝して私たちを待っていたドライバーさん。

カンボジアのトゥクトゥクドライバーさん



 


アキラ地雷博物館

まあ、そんなこんなで出発して、次に向かう場所は"アキラ地雷博物館"。

本来は地雷博物館"は本来のツアーには含まれていなかったんだけど、ちょうど移動ルートの途中にあるので、トゥトゥクの運転手さんにお願いして特別に連れて行ってもらうことにしたんです。(ドライバーさん、あんがと(^^))

カンボジア・アキラ地雷博物館

 

カンボジア人で地雷除去活動家のアキ・ラーさん(アキラさん)が、自身で撤去した地雷などを集めて安全処理したものが展示されています。

カンボジア・アキラ地雷博物館

カンボジア・アキラ地雷博物館
こぢんまりとした博物館ですが、 地雷の怖さ、戦争の悲惨さが伝わってきます。

観光の日程に余裕のある方は是非行ってみることをオススメします。

 

アキラ地雷博物館の場所・地図

アキラ地雷博物館はアンコールワットからは北に23キロくらい離れています。

地図で見るとわかるように、"バンテアイスレイ"(や"クバールスピアン")の観光に行く人は、ちょうど帰りに立ち寄ることができます。

 

アキラ地雷博物館の後は、アンコールトムのあたりまで戻ってきました。 

アンコール遺跡群


プリア カン

立ち寄ったのは、"聖なる剣"という意味のある"プリアカン(プリアカーン)"。

他にはない2階建ての建物が有名です。

カンボジア・アンコール遺跡群"プリアカン"

めっちゃカッコイイーー! 

カンボジア・アンコール遺跡群"プリアカン"

 

ここから貼り付ける写真もプリアカンの中だったと思うのですが、もしも違う場所の画像が含まれてしまっていたら、ごめんなさいm(><)m

カンボジア・アンコール遺跡群

 

レリーフの一部が剥ぎ取られてしまっているようです。

カンボジア・アンコール遺跡群

 

よく心霊写真である"オーブ"がめっちゃ写ってる!!

カンボジア・アンコール遺跡群

 

なんか、ぼわぁ〜んとした彫刻だね。ちょっと怖い。

カンボジア・アンコール遺跡群

 

あら、こちらはセクシー!

カンボジア・アンコール遺跡群


これは、ガルーダ(ガルダ)かな?

カンボジア・アンコール遺跡群

カンボジア・アンコール遺跡群

カンボジア・アンコール遺跡群

カンボジア・アンコール遺跡群

本当に綺麗!めっちゃ暑いしたくさん歩いたけど、やっぱりアンコール遺跡群ってどこもすごい。

 


プノン バケン

最後にやってきたのは、アンコール地域の全体像が見渡せる"プノンバケン"。

ここには、夕日を見るためにやってきました。

カンボジア・アンコール遺跡群"プノンバケン"

 

たくさんの観光客が夕方に訪れるので、夕日の見えるスポットは早めにゲットしておきましょう☆

カンボジア・アンコール遺跡群"プノンバケン"

アンコール遺跡群"プノンバケン"
※私たちがここを訪れたときは、服装のチェックが有り、膝のでるスカートやショートパンツなどでは入れないようでした。

(肩がでるノースリーブも禁止だった気もします。)

訪れる予定のある方は気をつけて下さいね!

 

運転手さん、今日も1日どうもありがとう。明日もよろしくね!

カンボジアのトゥクトゥクドライバーさん

 

↓次はアンコールワット遺跡群のツアー三日目。ややマイナーなアンコール遺跡を紹介する旅行記です。

↓アンコール遺跡群の必要観光日数やチケット料金などをまとめた旅行ブログはこちら。みんなが悩む服装についても書いてあります。

©Tatsu&Yukiの二人旅.com