TATSU&YUKIの二人旅.COM

海外滞在期間は計"約4年半!留学・ワーホリ&世界一周旅行をした元バックパッカー夫婦の旅行ブログ

MENU

【シンガポール旅行に行く前に見よう】通貨、時差、罰金制度、死刑制度等

シンガポール

今回の旅ブログは、シンガポールのお金、治安、時差、宗教、お土産など、シンガポール観光に行く前に知っておきたい項目をまとめました☆

日本とは異なる法律もあるので、ぜひ旅行前に読んでおきましょう。

 

シンガポールについての基本情報

人口

人口は約510万人 (2015年現在)。

首都

シンガポールの首都ってどこなんだろうと思ってしらべたら、

首都はシンガポール、、、、だそうです(笑)

小さい国ですから、首都はそのまんまシンガポールなんですね!

言語

公用語は英語、マレー語、華語(中国語のマンダリン)、タミル語。

ホテルやレストランなど、どこでも不自由なく英語が通じました☆

 

宗教

主な宗教は、仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教など。

 

通貨(お金)

通貨はシンガポールドル(SGD)で、レートは1ドルあたり80円くらい(2017年2月現在)。

シンガポールのお金

お札に書かれた数字は大きくハッキリと書かれてわかりやすいです。

プラスチック(ポリマー製)のお札なので、破れにくい。

 

全てのお札に同じ人物が描かれているので、誰かと思って調べたら、このお方シンガポールの初代大統領で「ユソフ・ビン・イサーク」さんというそう。

シンガポールのお札

 

↓硬貨は新硬貨と旧硬貨が混ざっていてわかりづらい

インド料理屋でもらったお釣りに、マレーシアの硬貨が混ざっていたのに後に気がつき、レート的に損したし、使えないし、、、うざかったです。

絶対ワザとだな。クソー。あの店員め。

シンガポールの硬貨・コイン

 

時差

現在の日本とシンガポールとの時差は1時間で、日本の方が1時間進んでいます。

サマータイムは実施していません。

 

シンガポールの罰金制度

シンガポールの道路横断禁止

道路の横断に注意!

横断歩道など、決められた場所以外での道路横断は禁止です。

チューイングガムの持ち込み禁止!

ガムを食べなくても、持ち込むだけで罰金みたいだぞ!!!

うっかり持ち物に入っていそうな食べ物だから注意だね。ガムごときで罰金はいくらなのか?

どうやらその金額はかなり高額で、な、な、なんと約70万円なんて話。WOW!

ポイ捨て禁止!

あまり日本人でポイ捨てする習慣のある人はいない気がするが、注意してね!


他にも、もう一覧にできないくらい沢山の罰金項目があります。

みんな楽しい旅行に行って、罰金とられないように気をつけてね!

 

死刑制度

ゴースト

世界的に見てもかなり厳しい死刑制度のあるシンガポール。

人口あたりの死刑執行件数は(ちゃんとした統計がある国)としては最も高いんだって!

 

麻薬密輸で有罪になると死刑が適用されるそう。。

ちなみに死刑の方法は絞首刑 (-_-;)

マリファナも有罪だよ!

知らない人から荷物預かって入国したりしちゃダメだからねー!!

 

(ちなみに、マリファナ合法の国や地域であろうと、Tatsuも私も超アンチマリファナ派。大麻興味なし!オーストラリアやカナダでもマリファナを吸う人は国籍問わず多くいましたが、やっぱり芯がしっかりしていないやつが多い。)

 

入国審査

私たちはマレーシアのクアラルンプールから陸路で入国しました。

特に厳しいことはなかったです☆

念の為にシンガポールからの出国チケット(飛行機でインド行き)を用意していましたが、今回は見せませんでした。

 

シンガポールの世界遺産

知りませんでしたが、シンガポールにも世界遺産がありました!

比較的最近登録されたんですね。

文化遺産

シンガポール植物園 (2015年)

シンガポール植物園

 


 

シンガポールのまとめは以上になります。

楽しんで旅行へ行ってきて下さいね☆ お読んでくれてありがとう!

Yukiでした(〃⌒ー⌒〃)ノ

 

©Tatsu&Yukiの二人旅.com