TATSU&YUKIの二人旅.COM

二人で英語の語学留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)、世界一周旅行をした元バックパッカーカップル旅行記ブログ

意外と大変!世界旅行に行く前に準備することリスト一覧

世界旅行の準備

世界旅行に行くと決めたら、早速準備を始めよう!!

やる事は意外と沢山あるので、思い立ったらまずこの「準備することリスト」を読んでみてほしい☆

1.パスポートを用意する

パスポート

申請から受け取りまで約一週間かかります。期限が切れそうな方や、パスポートを持っていない方は早めに用意しておきましょう☆

旅券発行方法について詳しくはそれぞれの都道府県のパスポートセンターのホームページをご覧下さい。

パスポートのコピー

紛失したり、盗まれたりしたときのために、パスポートのコピーを用意して持っていきました。念のため、同じコピーを実家にもお預けておきました。

 

2.入国に必要なビザを調べる

ビザ

"日本で事前に取得する必要のあるVISA"はあなたが訪れる国と、滞在する期間によっても変わってきます!

インド

私たちが事前に日本で取得したVISAは一ヶ月間滞在した"インド"のみ。

(現在、インドの観光ビザは滞在期間によっては現地でも取得できる種類のVISAがあるとの噂を聞きました!インドの観光ビザは条件が頻繁に変更するので、最新の情報を確認してください!)

カンボジア

↓カンボジアは現地(プノンペン)で取得しました。

日本から証明写真を準備して持っていきました☆

キューバのツーリストカード

キューバの観光VISAのような"ツーリストカード"は、乗り換えで立ち寄ったパナマの空港で$20で購入しました!

ワーキングホリデーのVISA

この他に、私たちはカナダ、オーストラリア、ニュージランドへワーキングホリデーで行ったので、それぞれの出発前にワーホリのVISAを取得しました。

↓オーストラリアのワーホリVISAについては、下記の記事にまとめました。

 

3.予防接種を打つ

予防接種は費用が高く、何種類かワクチンを接種する必要があったり、一日で簡単に終わらないことが多いので、しっかりと余裕をもったスケジュール設定が必要です!

↓詳しくはこちらの記事にまとめましたので、是非ご覧ください☆

 

4.クレジットカードを作る

クレジットカード

海外キャッシングを利用してATMからお金をおろすときなど、なにかと持っていたほうが便利だと思います。キャッシングと聞くと借金をしていることになるので怖い感じがしますが、現地通貨を現地で入手するには、これが一番損をしない方法と言われています。

私はもともと新生銀行のキャッシュカードで現地のATMからお金をおろしていましたが、手数料が意外と高いんですよね。

ちなみにJCBカードは海外で使えないことがあるので、VISAもしくはマスターカードがメジャーで使いやすいでしょう。

楽天カード

私たちはポイントを徹底して貯めるために二人とも"楽天カード"を使っています☆

YukiはもともとJALカードを使ってマイルを貯めていましたが、私の持っているJALカードは年会費もかかるし、JCBなので海外で使えない場所が多いことを知りVisaの楽天カード(年会費無料)を作りました。

高額な航空チケットを購入するのに使うと結構ポイントが貯まります。 もらった楽天ポイントは楽天市場で使えるので、旅に必要な物を購入したり上手に利用していますよ!

楽天カードの海外キャッシングの"超"注意点!

楽天カードを使って海外でキャッシングすると、返済は勝手にリボ払いになってしまうんです!!!これは、正直かなり意地悪な仕組みです。

e-Naviにログイン後、「支払額の調整」→「リボ残高のおまとめ払い」をクリックして、"キャッシング"という欄の「全額払い」にチェックを入れて、「確認画面へ」をクリックします。

これで自動的にリボ払いになってしまった設定を変更することができます。

緊急連絡先

海外で紛失したり盗まれたときのために、クレジットカードの緊急連絡先の控えも持って行きました。

 

5.海外旅行保険に入る

海外保険

現地ではどんなことがあるかわかりません。長期で海外旅行をされる方は、念の為に海外旅行保険に入っておきましょう!

クレジットカード付帯の海外旅行保険

最初の3ヶ月間だけは(楽天カードの)クレジットカード付帯の海外旅行保険が利用可能。

(※楽天カードには海外旅行保険が付帯されていますが、自宅から"出発空港までの交通費"または “海外旅行代金"を楽天カードで支払っていることが条件となります。内容は変更する可能性がありますので、詳しくは"楽天カードの海外旅行傷害保険"で確認して下さい。)

日本の健康保険の「海外療養費」制度

あとは日本の健康保険の「海外療養費」という制度をもあります。

帰国後に申請すれば現地の医療機関に支払った医療費の"一部"を健康保険から給付してもらえるのですが、現地にて領収書や診療明細書などの書類を用意してもらう必要があったり、緊急の場合は全てを英語で対処するのが大変そうです。

現地ではいったん全ての医療費を支払わなければなりませんし、帰国後にも全額が返ってくるわけではありません

あまり安心できるプランではないでしょう。

海外旅行保険に加入するメリット

海外旅行保険の場合はもしものときに電話で日本人が対応してくれ、病院の予約なども代理で行ってくれたり、日本語の話せるスタッフのいるクリニックに行けたり、なにかとスムーズで安心だと思います。

特に、世界一周旅行などで危険の伴うような国に行く場合、絶対に加入することをお勧めします!!

私たちが加入した海外旅行保険

2回目にオーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)へ行った私たちは海外旅行保険に加入していきました。

なぜなら、オーストラリアへ行く前にアジア10カ国を旅行したので、病気や怪我をする可能性が高いと思い、念のために入っておいたのです。

 

加入したのは「朝日火災海上保険」で、代理店から申し込みました。

たしかワーキングホリデーの場合は安くなるようなプランで、電話で問い合わせたところワーホリ以外の国も継続して行くのであれば、同じプランでそのまま申し込めるとのことだったと思います。

費用は一人当たり10ヶ月間で84,000円で、一番重要となるであろう病気や事故の治療費用が1000万円まで、その他死亡、賠償、救助などの保険もついていました。

この期間でこの保証は安いと思います。

実際に海外旅行保険を使うことになった!

アジアで海外保険を使うことは幸いありませんでしたが、結局オーストラリアでYukiが病院に行くことになり、海外保険に入っていて安心でした。

ある日、農家の仕事で毎日重いものを持ち上げる役職で忙しく働く中、脇の下にしこりができていることに気がつきました。。 ただの疲れからかと数週間放置していたのですが、インターネットで調べると"脇の下のしこりは癌(悪性リンパ腫)の可能性もある“とのことで、さすがに怖くなり病院で診ていただいてのです。

結果的には悪性のものではなかったのですが、海外保険に入っていたことによって、すぐに安心を得ることができました☆

 

6.虫歯は治しておく

は虫歯

一般的に海外旅行保険に歯科治療は含まれていません。海外で治療すると大変高額になるので、日本にいるうちに歯医者さんで虫歯の治療もしくは検診を受けておく事をオススメします!

 

7.荷物の準備

↓世界旅行に向けた荷物の準備はこちらの記事にまとめてあります!

実際に持って行って失敗したものも紹介しました☆

そして女性の旅服コーディネートはこちらを参考に!

 

8.航空券を手配する

航空券

海外へ行くには基本的に飛行機のチケットが必要になりますよね。 日程や航空会社、そして購入するタイミングによっても値段は異なります。

割引やキャンペーンで安く買える場合もあるので、早めにチェックするといいかもしれません。 私たちは基本的にスカイスキャナーを利用しています。

国によっては、"片道チケットだけでは入国できない"場合があります!入国どころか、飛行機に乗せてもらえない場合もあるので、ご自分が向かう国についてしっかり調べてから向かいましょう☆

 

9.国際運転免許証を取得する/日本の運転免許証の更新期間前の更新をする

車

国際運転免許証

旅行先で車を運転する予定の方は国際運転免許証を持っていた方が便利でしょう。 発行日から1年間が有効期限なので出発する直前に発行してもらうと良いと思います。

私たちは、車はワーキングホリデーで訪れたオーストラリア、ニュージーランド、旅行で行ったアメリカで利用しました☆ 台湾、フィリピン、クック諸島で原付バイクを借りたこともあります。( ※ Yukiはペーパードライバーで超運転が苦手なので、超優しいTatsuがいつも運転してくれています(>_<;))

日本の運転免許証の更新確認

もう一点、日本の運転免許証の更新期間が旅行の期間にかぶってしまう方は、更新期間前の更新手続きができます。 更新期間前には「やむを得ない理由を証明する書類等」が必要となります。 詳しくはお住まいの道府県の警察本部、運転免許センター等にお問い合わせください。

 

10.飛行機のマイルレージバンクに入会

飛行機

海外旅行に行ったら、マイルがカッポリ貯まるんじゃないかと思っているかたも多いかと思います。

しかし、マイルと一口にいっても、例えばJALとANAの貯められるマイルの種類は異なります。でも、異なる航空会社でも提携してる会社の場合は同じマイルを貯めることができます!

初めてマイルレージバンクに入会するのであれば、JALマイレージバンク(ワンワールド)ANAマイレージバンク(スターアライアンス)の二つに入会(クレジットカードタイプでなければ基本無料)しておくと良いのではないでしょうか?

JALマイレージバンク

例えば、日本の大手航空会社の JAL(日本航空)はワンワールドという世界規模の航空連合に加盟しています。ワンワールド下記の航空会社が加盟しています。

JALマイレージバンクに入会しておけば、これらの航空会社を利用する場合には、基本的にマイルを貯めることができます☆

ワンワールド加盟航空会社

・airberlin ・アメリカン航空 ・British Airways ・キャセイパシフィック航空 ・Finnair ・イベリア航空 ・日本航空 ・LATAM ・Malaysia Airlines ・カンタス航空 ・Qatar Airways ・ロイヤルヨルダン航空 ・S7 Airlines ・SriLankan Airlines ・oneworld 系列航空会社 ・メキシカーナ航空

ANAマイレージクラブ

そして、さらにお勧めなのがANA(全日本空輸)の加盟するスターアライアンス!航空会社の加盟が多く、マイルを貯めやすいです☆

スターアライアンス加盟航空会社

・アドリア航空 ・エーゲ航空 ・エア・カナダ ・中国国際航空 ・エア インディア ・ニュージーランド航空 ・ANA ・アシアナ航空 ・オーストリア航空 ・アビアンカ航空 ・アビアンカ・ブラジル航空 ・ブリュッセル航空 ・コパ航空 ・クロアチア航空 ・エジプト航空 ・エチオピア航空 ・エバー航空 ・LOTポーランド航空 ・ルフトハンザドイツ航空 ・スカンジナビア航空 ・シンセン航空 ・シンガポール航空 ・南アフリカ航空 ・スイス インターナショナル エアラインズ ・TAPポルトガル航空 ・タイ国際航空 ・ターキッシュ エアラインズ ・ユナイテッド航空

 


 

出発前に準備することってたくさんありますよね?

人によっては公的手続き(いわゆる"住民票を抜く手続き")等も必要だと思います。

世界旅行(世界一周旅行)で長期間日本を離れる方は、後に困らないようにじっくり余裕を持って準備をして下さいね☆

Yukiでした(^^)/