TATSU&YUKIの二人旅.com

カップルで語学留学、ワーキングホリデー、世界一周するTatsu&Yukiの旅行記ブログ"二人旅.com"。

This Is How We Travel As A Couple!

彼氏/彼女、恋人ふたりで英語の語学留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)、世界一周旅行するカップルトラベルブログ

2017年最新《日本国内・海外》ブラジル観光ビザ申請ガイド!

Sponsored Link

ブラジルビザ

こんにちは!!

ブログに書きたいことが多すぎてどこから書いて良いものか悩むのですが、今回は南米旅行で面倒くさかったことの一つ「ブラジルの観光ビザ申請」について書きたいと思います☆

ブラジルは観光旅行で入国するだけでもビザが必要!

南米旅行をするのに日本人が唯一 ビザを取得しなければならない国なのが"ブラジル"。

アルゼンチンから陸路でイグアスの滝を日帰りで観光する場合も観光査証が必要なので、注意が必要です!!(ビザなしでも日帰り入国できたという情報もありますが、領事館のホームページには必要だと書かれています。)

2016年リオデジャネイロオリンピック開催時にはビザが免除されていたそうですが、期間限定だったようですね。

ブラジルリオデジャネイロオリンピックトーチ

 

ブラジルVISAの申請が可能な場所

日本国内のブラジル領事館

日本国内でブラジルの観光ビザを取得する為には、大使館ではなく領事館へ行く必要があります。

日本のブラジル領事館は、東京、名古屋、浜松のみのようで、どうやらそれぞれの領事館によってビザ発給までの日数などに違いがあるようです。

意外にも大阪にはないんですね!!

オンライン申請

どちらの領事館でも、まずはオンライン申請をしなければなりません。記入が終わったらプリントアウトしたオンライン申請書に規定の証明写真を張り、サインをします。

これだけで申請が完了するわけではなく、そのオンライン申請書と必要書類等を持って、領事館へ直接出向く必要があります。

オンライン申請の日本語解説付きの手順はこちらからご覧いただけます。

オンライン申請のページはこちらの"3.申請方法"にリンクがあります。

代行会社

時間のない方は代行会社を利用することができるそうです。

代理申請

親族(配偶者、親、兄弟、子)による代理申請が可能なようです。

この場合、家族関係を証明する書類(戸籍謄本または続柄が記載された住民票。いずれも3ヶ月以内に発行されたもの)をご提出する必要があります。

友人、親戚、婚約者等による代理申請は受け付けてもらえないようです。

(内容は変更する可能性がありますので、必ず事前にご自身でホームページから最新情報をご確認ください。)

管轄区域

ブラジル領事館にはお住まいの地域によって管轄が決められていますが、観光ビザの申請は本人来館であれば管轄地域に関係なく受付できるとホームページに書かれています。

(内容は頻繁に変更しているようなので、必ずホームページで詳しい情報を確認して下さいね!)

在東京ブラジル総領事館の管轄区域

北海道、東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)

関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)、甲信越地方(山梨県、長野県、新潟県)

在浜松ブラジル総領事館の管轄区域

静岡県

在名古屋ブラジル総領事館の管轄区域

愛知県、愛媛県、福井県、福岡県、岐阜県、広島県、兵庫県、石川県、香川県、鹿児島県、高知県、熊本県、京都府、三重県、宮崎県、長崎県、奈良県、大分県、岡山県、沖縄県、大阪府、佐賀県、滋賀県、鳥取県、徳島県、島根県、富山県、和歌山県、山口県

 

在東京ブラジル総領事館

所在地 / 場所 / 行き方

住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目13-12 いちご五反田ビル2階

最寄り駅 :JR五反田駅(東口より徒歩1分) ・都営浅草線五反田駅(A5出口の正面)

※1階に「洋服の青山」の店舗があります。

査証料金/値段/費用

10,400円

受付時間とビザ発給までの日数

申請受付時間 : 9時~12時

ビザ受取時間 : 9時~13時

発給までの所要日数:3業務日

ビザ発給から入国までの期限

ビザ発給日より90日以内にブラジルへ入国されなければ、ビザは自動的に無効となります。

ホームページ

※上記の内容は変更する可能性がありますので、詳しくは在東京ブラジル総領事館のホームページをご覧下さい。

 

在浜松ブラジル領事館

所在地 / 場所 / 行き方

住所:〒430-0946 静岡県浜松市中区元城町115-10 元城町共同ビル5階

査証料金/値段/費用

10,400円

受付時間とビザ発給までの日数

受付:月曜日、火曜日、水曜日(時間:午前9:00~12:15・祝祭日を除く)

受領:金曜日(時間:9:00~13:00・祝祭日を除く)

月・火・水曜日申請 ⇒ 金曜日受領

ビザ発給から入国までの期限

査証発給日より90日以内にブラジルに入国しなければ、査証は無効となります。

ホームページ

※上記の内容は変更する可能性がありますので、詳しくは在浜松ブラジル総領事館のホームページをご覧下さい。

 

在名古屋ブラジル領事館

所在地 / 場所 / 行き方

住所:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-10-29 白川第八ビル2階 最寄り駅:JR名古屋駅桜通口より徒歩20分 地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」7番出口より徒歩5分

査証料金/値段/費用

10,400円

受付時間とビザ発給までの日数

一般申請:9:00~13:00 (入国査証の申請は12:30まで)

一般受領:9:00~13:00

発給までの所要日数:受付日の翌日より数えて土日祝祭日を除く8日間

ビザ発給から入国までの期限

査証発給日より90日以内に使用されない場合、査証は失効します。

ホームページ

※上記の内容は変更する可能性がありますので、詳しくは在名古屋ブラジル総領事館のホームページをご覧下さい。

 


 

私達が日本でブラジル観光ビザを取らなかった理由

私たちは神奈川県民なので東京のブラジル領事館ならば遠くはないのですが、受付時間が平日の午前中のみでさらに発給までに3業務日かかることがネックでした。

南米旅行に必要だった予防接種も平日のみ受付のところばかりで、その為に仕事を休まなければならず、これ以上休みをもらうのが難しかったし、金銭的にももう休みたくない思いがありました。

ブラジルリオデジャネイロ・コルコバードのキリスト像

それから、ブラジルは南米の中では最後に行く予定だったので、入国する日が確定しておらず入国チケットを持っていなかったこと(というより、そもそもバスか徒歩で国境越えをするので航空チケットは買えない)、また申請時にはまだハッキリとしていない日程を書くことに不安がありました。

そして、ビザ発給日から90日以内に入国できる確信もなかったので、南米のどこかで申請することに決めました。

 


 

日本国外(海外)のブラジル領事館

日本国外の殆どのブラジル領事館でもビザ申請をすることができるのではないでしょうか?ヨーロッパや北米でブラジル観光ビザを発給してもらった方もいるようです。

今回全てを領事館について掲載することは難しいので、南米のブラジル領事館を少しだけ紹介させていただきます!

 

南米の人気ブラジル領事館

南米でブラジルの観光ビザを申請するのに有名な場所は下記の「アルゼンチンのプエルトイグアス」と「パラグアイのエンカルナシオンの二箇所ではないでしょうか?

どちらも日本人で行かれる方が多いのでブログでたくさんの情報が公開されています。

 

・アルゼンチン(プエルトイグアス)のブラジル領事館

私たちは"ケチャップ強盗"と高い物価を恐れてアルゼンチンには行かなかったので、この選択肢はなかったのですが、アルゼンチン側のイグアスの滝を観光し国境越えする方に人気の領事館なようです!

イグアスの滝ブラジル側

↓申請方法などはブログ"パラレルワールドトリッパー"さんがアルゼンチン(プエルトイグアス)のブラジル領事館の2017年の情報を書いて下さっています!ありがとうございます!

 

・パラグアイ(エンカルナシオン)のブラジル領事館

こちらはもともと日本人バックパッカーに大人気の有名ブラジル領事館です!

理由はつい数年前までは「ともかく安くて、必要書類が少なくて簡単、さらに即日発行!」だったからです!

"安くて、早くて、簡単よ〜"と3秒時そろっていたのですが、、残念ながら2016年より色々と変更されたようです。。

約3000円だった費用が10000円くらいまで値上がりした上に、今まで必要ないと言われていた出国チケットも必要になったそうです。

↓2017年パラグアイ(エンカルナシオン)のブラジル領事館情報や行き方などは「海外で人生迷子になってる人の記録」さんのブログ記事にかかれています☆ありがとうございます!

 

・パラグアイ(アンスンシオン)のブラジル領事館

パラグアイではアンスンシオンで申請される方もいるようです!

エンカルナシオンよりも必要書類が多かったり、翌日発行になってしまうこともあるようですが、わざわざエンカルナシオンへ移動する手間をかけたくないのであれば、アンスンシオンでも良いかもしれません☆

↓「Stairs to the world」さんが2017年に書いたブログで紹介して下さっています☆

 

・ボリビア(プエルトキハロ)のブラジル領事館

ここが私たちが実際にブラジル観光ビザの申請を試みた場所です。

プエルトキハロ(Puerto Quijarro)のブラジル領事館

先ほど紹介したアルゼンチンやパラグアイに比べて、ややマイナーな領事館かもしれませんが、エンカルナシオンでのビザ申請と同じように「残高証明不要で即日発行」、そして申請料金(US$80)は他よりもちょっと安い!

 

ブラジルでまず最初に行きたい「ボニート」という透明度が半端なくて超綺麗な川がありるのですが、そこへの移動が比較的プエルトキハロからしやすいんです。

ブラジルのボニート

当初はパラグアイのエンカルナシオンで申請する予定でしたが、安かった申請料が値上がりしたのに、わざわざブラジルビザの為だけにパラグアイに入国するのも面倒だ、、、という結論になったんですね。

 

が、しかーーーし!!結果からお伝えすると、私たちはこのプエルトキハロのブラジル領事館でビザの発給をしてもらえませんでした。

無事に当日発行してもらえている人が多いのですが、今回私たちには予想もしていなかったトラブルが起きてしまったんですね、、、。

 

その理由は次回説明させていただきます!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!Yukiでした(^^)/