TATSU&YUKIの二人旅.COM

世界一周旅行をした元バックパッカー夫婦が人気オススメ観光スポットを書く旅行ブログ

MENU

クリスマスの時期/冬おすすめ!ニューヨーク観光プラン☆穴場やロケ地アリ

ニューヨーク・マンハッタンのタイムズスクエア
こんにちは!今回は、昨年のクリスマス前(2016年の11月から12月まで)に観光をした超大好きなニューヨークについての旅行ブログです(^^)/

2週間程滞在したニューヨーク!!やっぱ最高!!もう魅力だらけなので長い旅行記になりそうです。

定番おすすめ観光スポットから穴場まで紹介するよーーー☆映画やドラマのロケ地もたくさんあります!

ニューヨークへ一緒に行ってデートするのは二人の夢でした

今回、ニューヨークに二人で一緒に行ったのは初めてですが、実はYukiにとってニューヨークは3回目

友達とクリスマスのニューヨークへ

一回目はまだ学生の時に、まさにクリスマスのタイミングで行きました☆

友人が「ニューヨークのクリスマスツリーを見るのが夢なの!!」とギリギリに言い出したので、当時持っていた有り金をかき集めて行きました。雪が降ってめっちゃ寒かったけど、クリスマスらしさが出ていて感動しました。他にも、ストリートダンスパフォーマーを見たり、ハーレムの教会へ行ったり、今までに見たことのない刺激で溢れていたのを覚えています!24時間営業の地下鉄にも驚きました!

英語の語学留学のためにニューヨークへ

その旅行がとても楽しかったこともあり、その数年後にニューヨークに短期(3ヶ月)の語学留学へ行くことを決めました。それは春から夏にかけてだったので、屋外の無料イベントがあったり、野球観戦(当時ヤンキースには松井選手がいました!)に行ったり、ダンススクールへ通ってみたり、ボストンへ一泊旅行へ行ったり、ブロードウェイを楽しんだり、ともかく楽しかった。

クラスメイトの韓国人の女の子とずっと仲良くしていて、つたない英語ながらも、日本語を使わないでコミュニケーションがとれることに喜びを感じました

Tatsuと二人でニューヨークへ旅行へ行きたいと思い始める

その1年半後、もっと英語が喋れるようになりたいと思い、フィリピンのセブへ留学で行ったときにTatsusと出会いました(^^)

セブ留学の後は、一緒にカナダのワーホリへ行き、日本へ帰国する前にアメリカの西海岸やグランドキャニオンなどは旅行しましたが、東のニューヨークへは行けず

↓その他の二人で一緒に行った場所については、こちらのブログをご覧下さい。

もともと二人ともアメリカ英語が好きで、とくにニューヨークに対しては憧れがあったんです。ずっと「二人でニューヨークに一緒に行きたいね。」と話していましたが、なかなか行くことができず、結局出会ってから一緒に行くまでに7年も経ってしまいました。

そんな思いもあり、今回は本当に楽しみにしていたニューヨーク観光だったんです!!

ニューヨークシティーの基本情報

ニューヨークシティーは、ブロンクスブルックリンマンハッタンクイーンズスタテンアイランドの5つの行政区に分けられていて、「ビッグアップル」というニックネームがつけられています。

観光客が一番訪れるのはマンハッタンではないでしょうか?ブルックリンもオシャレなエリアとして人気があり、5つの行政区の中ではもっとも住む人口が多いです。

人口

ニューヨークシティの人口は、2016年時点で853.8万人。ちなみに東京都の人口はさらに多く927.3万(2015年時点)です!!

観光客数

ニューヨークは人気の観光地で、2016年の訪問者数は6030万と過去最高記録となりました。内訳は国内からの訪問者が4760万人、海外からの観光客が1265万人

ニューヨークが舞台になったドラマや映画

ニューヨークが舞台になっているテレビドラマや映画ってとても多いですよね!中でも私の好きな物をちょっとだけ紹介します(^^)/

Sex and the City(セックス・アンド・ザ・シティ)

見たことがない人でも、名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ドラマのみならず、映画も人気になりましたよね!私は英語の勉強をするのにこのドラマを利用しました。シーズン1は1998年に開始したので、結構時代を感じますが、、(笑)

Gossip Girl(ゴシップガール)

2007年から2012年まで放送されたテレビドラマ。こちらも全シーズン見ました。どのドラマもだいだいそうだけど、前半のシーズンの方が面白かったな〜。個人的にはセックスアンドザシティよりも、登場人物の見た目やファッションが好みでした。

こちらは何気にTatsuも一緒に見ていたので、実際に撮影で使われたニューヨークのロケ地を訪れて「あ、ここはあのシーンで使われていた場所だねっ!」と二人で興奮することができました(笑)

プラダを着た悪魔

ファッション好きな女性は、2006年に公開されたこの映画の虜になったのでは?

レオン(Leon)

1994年の公開ですが、何度見ても最高の映画!!ナタリーポートマン美しすぎる。

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(elf)

クリスマスの映画と言えば、ホームアローンが人気ですが、私たちのオススメはこの映画「エルフ 〜サンタの国からやってきた〜」!

超クダラナイんだけど、ホッコリするコメディーです(^^)こちらもニューヨークが舞台になっています☆

 

では、本題の「オススメ観光スポット」の紹介に入って行きましょう!

 

ニューヨーク観光おすすめスポット

まずは、クリスマスツリーやイルミネーションが見られるおすすめ観光エリアから見てみましょう!

ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)

クリスマスのニューヨークといえば、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーですよね☆ 12月にニューヨークへ行ったら、絶対に訪れたい観光スポットです!!

こちらの写真は点灯式が行われる前(イルミネーションなしのクリスマスツリー)のロックフェラーセンターです(^^)今年は先日すでに点灯式が行われました。

ロックフェラーセンターのビルが高すぎて、写真撮りづらいな、、。

ロックフェラーセンターとクリスマスツリー

スケートリンク

イルミネーションが施された後のクリスマスツリーはこちら。

クリスマスのロックフェラーセンター前にはスケートリンクがあります。映画で見たことのある人も多いのでは?

ロックフェラーセンター前のアイススケートリンク

ロックフェラーセンター前のアイススケートリンク

アイススケートのチケットや値段については、ホームページをご覧下さい。

ロックフェラーセンターの展望台「トップ・オブ・ザ・ロック」

ロックフェラーセンターにある展望台「TOP OF THE ROCK」も忘れてはいけません!

チケットの値段は、大人$34、子供(6〜12歳)$28。

この展望台からは、セントラルパークとエンパイアステートビルディングを見ることができます。私はニューヨークに留学で行った時に一度だけのぼったことがあります。

しかーーし、ニューヨークには他にも2つ展望台があるので、どれか一つを選ぶと良いのではないでしょうか?(私たちは今回、一番新しい「ワンワールド オブザーバトリー」の展望台へ行きましたが、ものすっっっっごい良かったです!!詳しくは後ほど説明します☆)

・トップオブザロックのWEBサイト

ロックフェラーセンター付近のイルミネーション

付近の建物にでは、音楽に合わせてイルミネーションの色が変わったり、いろいろなイベントが行われていました。

ロックフェラーセンターの向かいの建物のイルミネーション
そのせいもあってか、ロックフェラーセンターのあたりは大混雑!!それなりに覚悟して行きましょう☆

地図・アクセス

住所:45 Rockefeller Plaza, New York, NY


ロッテ ニューヨーク パレス ホテル(Lotte New York Palace Hotel)

こちらは、ゴシップガールを見ていない方にとっては、わざわざ行く場所ではないと思いますが、ドラマの中でセリーナが暮らしていたホテルのロケ地なんですよ〜!ロケ地とかあまり興味ないと思ってたのですが、実際に行ったら二人でワクワクしてしまいました(笑)

本当にホテルなので、実際に宿泊することもできます。めっちゃ高級だけど、、。

外にはクリスマスツリーやリースが飾られていました(^^)

ゴシップガールのロケ地・ロッテ ニューヨーク パレス ホテル(Lotte New York Palace Hotel)のクリスマスツリー

ゴシップガールのロケ地・ロッテ ニューヨーク パレス ホテル(Lotte New York Palace Hotel)のクリスマスリース

地図・アクセス

住所:455 Madison Ave, New York, NY


ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)

「ゴーストバスターズ」や「映画版"セックスアンドザシティー"の結婚式のシーン」のロケ地でもある、ニューヨーク公共図書館。

外のライオンにはクリスマスリースがかけられていました!可愛い。

クリスマスのニューヨーク公共図書館(New York Public Library)

とても美しい建物なので、ぜひ中にも入って見てください☆入場料はかかりませんが、荷物チェックがあります。

ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)

トイレもあるので、いざと言う時にもオススメです(笑)そして、屋内にはお土産屋さんがあります。売られていたグッズは次回のブログで紹介しますね(^^)

入り口付近にはクリスマスツリーが飾られていましたよ〜!

ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)の中のクリスマスツリー

地図・アクセス

住所:476 5th Ave, New York, NY


ブライアントパーク(ブライアント公園・Bryant Park)

ニューヨーク公共図書館のすぐ隣に位置する「ブライアントパーク」も、クリスマスの時期オススメの観光スポット!

今の時期は「ウィンタービレッジ(Winter Village)」と呼ばれるイベントが開催され、クリスマスツリー、アイススケートリンク、ホリデーショップ(クリスマスマーケット)が設置されます(^^)/

f:id:traveloops:20171204132239j:plain

地図・アクセス

WEBサイト

グランド・セントラル駅(Grand Central Station)

グランドセントラルステーションはゴシップガールのシーズン1の第一話に、セリーナが登場するシーンのロケ地

今の時期は、クリスマスリースなどが飾られています。ターミナル構内には、アップルストアもありますよ!

グランド・セントラル駅(Grand Central Station)

地図・アクセス

先ほど紹介した"ニューヨーク公共図書館"や"ブライアントパーク"から歩いて行くこともできます。


ユニオンスクエア (Union Square)

ホリデーマーケット(Holiday Market)

クリスマスの時期には、ユニオンスクエアでは「ホリデーマーケット(Holiday Market)」が開催されます!暖かい飲み物やスナック、オリジナリティー溢れる手作りっぽいグッズも販売されていました☆

WEBサイト:Union Square Holiday Market — Urbanspace

グリーンマーケット(Greenmarket)

クリスマス以外の時期にも開催されているグリーンマーケットは、月・水・金・土曜日に開催されているようです。

私たちが行った時には、本物(天然)のクリスマスツリーやリースが売られていました!日本では見かけない光景ですよね!!女の子がリースの中に入っていて可愛い(^^)

ユニオンスクエアのグリーンマーケットで売られていたクリスマスツリーとリース

WEBサイト:Union Square Greenmarket Monday | GrowNYC

駅構内に大量に貼られたポストイット

ちなみに2016年には、ユニオンスクエア駅の壁いっぱいにポストイットが貼られていました。日本でもニュースになった気がします。

ユニオンスクエア駅に貼られていたポストイット

よく見ると「トランプ大統領」に対する"文句(Fワード)"が書かれています(笑)

ユニオンスクエアの駅に貼られていたポストイット

地図・アクセス


サウスストリートシーポート(South Street Seaport)

ショッピングやレストランで人気のこのエリア。クリスマスツリーが飾られていました

サウスストリートシーポート(South Street Seaport)

海沿いに行くと、ブルックリンブリッジを眺めることができますよ!マンハッタン側からブルックリンを眺めることになります。

サウスストリートシーポート(South Street Seaport)から見たブルックリンブリッジ

眺めが良いのでカップルのデートにオススメです☆この時期とても寒いので、ギュっと暖め合ってね(^^)

サウスストリートシーポート(South Street Seaport)

地図・アクセス


ウォールストリート(ウォール街・Wall Street)

ニューヨーク証券取引所の前にはクリスマスツリーが設置されます☆

(昔は証券取引所自体にも星条旗のイルミネーションが施されていたのですが、現在はやっていないのかな、、?)

ウォールストリート(ウォール街・Wall Street)・ニューヨーク証券取引所

地図・アクセス

 


さあ、ここからは、冬以外でもオススメの観光ポイントを紹介していきます(^^)

ブルックリンブリッジパーク(Brooklyn Bridge Park)

今まで紹介してきた場所は、全てマンハッタンに位置していましたが、ブルックリンブリッジパークはブルックリンに位置しています

その名のとおり、ブルックリブリッジを下から眺めることができます!マンハッタンの高層ビルも見えるので、夜に来ても良いかもしれませんね(クッソ寒いけど)!

夏には無料の屋外コンサートや野外映画鑑賞なども開催されます。

ブルックリンブリッジパーク

地図・アクセス

Dumbo(ダンボ)

隣にあるDumbo(ダンボ)のエリアに行くと、マンハッタンブリッジを眺めることもできますよ!ニューヨークと言えば、ブルックリンブリッジが有名ですが、実はマンハッタンブリッジも歩いて渡ることができます

マンハッタンブリッジ

地図・アクセス


ブルックリンブリッジ(Brooklyn Bridge Park)

ブルックリンブリッジを歩いて渡るのは絶対にオススメですよー!私たちは昼はブルックリン側から、夜はマンハッタン側から歩いてみました☆

天気が良くて最高!橋の半分は自転車専用の通りになっていて、結構なスピードで乗っている人も多いので、邪魔にならないように気をつけましょう。

昼のブルックリンブリッジ

ブルックリンブリッジから見る夜景も最高です。ニューヨークの中でも、ブルックリンブリッジは絶対に一緒に来たいと思っていたので、長年のデート願望が叶って幸せ。フフ

夜のブルックリンブリッジ

地図・アクセス

ブルックリン側からの行き方は、プロスペクトStreetとキャッドマン・プラザ・イーストStreetが交差するあたりの高架下にある階段を登って、ブルックリンブリッジへ登ります☆

最寄り地下鉄駅は、AラインCラインのHigh Street駅か、FラインのYork Street駅になります。

知らないとちょっとわかりづらいですが、高架下にはこのように"Brooklyn Bridge(stairs)"と書かれた看板が出ているので、その矢印の方向にある階段を登りましょう!

ブルックリンブリッジに行けるブルックリン側の階段のあたりの看板


自由の女神像(Statue of Liberty)

ニューヨークのシンボル的存在である、"自由の女神像"は世界遺産に登録されています

スタテンアイランド行きのフェリーさら撮影した自由の女神像

一般的に、"自由の女神像"を観光で見にいく手段としては、専用のボートクルーズのチケットを購入して、自由の女神のある島まで行く方法ではないでしょうか?

私が初めてニューヨークへ行ったときは、この方法を利用しました。

チケットは4種類もある

チケットは実は4種類もあるので、ちょっとややこしいです。

全てのチケットで共通しているのは、オーディオツアー付きで、自由の女神のある島までクルーズで行くこと、近くにある"ELLIS ISLAND "に立ち寄ってから帰る点です。

私が昔に利用したのは、一番シンプルな内容のチケット(現在 大人$18.50)でした。予約をせずにクリスマスの休みのシーズンに行ったので、現地でチケットを購入するのにかなり並んだのを覚えています。

これに加えて他のチケットは、"自由の女神の足の下あたりにある展望台に行けるチケット(大人$18.50)"、さらに人気なのは"自由の女神の王冠部分へも行けるチケット(大人$21.50)"です。

(もう一点のチケットは、"エリス島のHARD HAT TOURというのに参加できるチケット"ですが、日本からの観光客でこちらを利用する人は少ないのではないでしょうか。)

ここまでで気がついた方もいるかもしれませんが、なんと自由の女神の展望台に行こうが行かまいが、チケットの値段は大人$18.50で変わらないんですよね!さらに冠部分に行くとしても、値段は$21.50でたったの$3しか高くなりません。

ただ、王冠部分まで行くチケットは一番人気のようなので、興味のある方は早めにネットで予約して行くことをオススメします。

WEBサイト

自由の女神像の場所・地図

自由の女神が無料で見られる裏技!スタテン・アイランド・フェリー(Staten Island Ferry)

さて、自由の女神像行きのクルーズチケットの紹介をしましたが、今回私たち二人は利用しませんでした!なぜなら、無料で自由の女神を近くで見る方法を発見したからです!!

スタテンアイランド行きのフェリーから撮影した自由の女神

この方法では、実際に"自由の女神"の像のある島に行くことはできないのですが、肉眼でも比較的近くで見られるし、望遠レンズのカメラを持っていれば写真もバッチリ撮影できます。

先ほどのクルーズを紹介した項目に貼り付けた"自由の女神の写真"も、この方法で撮影しました。

さらに、マンハッタンの高層ビルも綺麗に撮影できましたよ〜!摩天楼ってやつですね。

スタテンアイランド行きのフェリーから撮影したマンハッタンの摩天楼

注意点としては、フェリーの外から撮影することになるので、冬は風が強いし極寒ということです!!しっかり防寒具を持って行ってくださいね☆

アクセス・乗り場の行き方

まずは、向かうのは"スタテン島行きのフェリー乗り場"です!最寄りの地下鉄駅は、1ラインのSouth Ferry駅か、RラインかWラインのWhitehall St駅。

スタテンアイランド行きフェリーの乗り場

実際に乗るフェリーはこんなかんじ。

スタテンアイランド行きフェリー

地図


トレードセンターの展望台「ワン・ワールド・オブザーバトリー」(One World Trade Center・One World Observatory )

もうこれは何が何でもオススメの観光スポットです!一番最初に紹介した、ロックフェラーセンターの展望台とは見える眺めは異なりますが、両方行ったことのある私は断然ワンワールドをオススメします!!チケット料金は高いけど、絶対に行く価値あり!

911(アメリカ同時多発テロ事件)のによって破壊されたテロツインタワーが建っていたあたりに、2015年5月にオープンしたばかりの新しい観光スポットです。

ワンワールドオブザーバトリー展望台

私たちはチケットの事前予約はせずに並んで購入しました。"明るい景色"と"夕日"と"夜景"と全てを楽しみたかったので、日没前に余裕を持って並びました!

チケットを購入したら、今度は荷物チェックとセキュリティーを済ませ、エレベーターへ乗り込みます。このエレベーター内で流れる映像がまず素晴らしかったです。

そして、エレベーターを降りると、まずはスクリーンに映る映像を見ることになるのですが、更に感動する演出がありました!内容を書くとこれから行く方へのネタバレになってしまうので、秘密にしておきます。

あまりに良かったので、私たちは鳥肌が立ちました(T_T) ニューヨークやばいぜ!

さあ、写真撮影をしまくって、日が沈む時間になりました。十分なメモリーの用意と電池の充電を忘れずに!

左のあたりに小さく見えるのは自由の女神像

ワンワールドオブザーバトリー展望台から見たニューヨークの夕日

夜景も最高です!うぉーーー!I LOVE NEW YORK!!!!!!って叫びたいくらい美しいです。ど真ん中にそびえ立っているのは、エンパイアステートビルディングね!かっこいーー!テンション上がるYO!

ニューヨークの夜景

割引クーポン

後日気がついたのですが、近くのエリアにあるアウトレットデパート、「センチュリー21」で靴下だけ購入した時にもらったレシートの裏に、ワンワールド展望台の割引クーポンがついていました!20%OFFって結構な割引率じゃないか!!悔しい!!

ニューヨークでは、レシートに太っ腹な割引コードやクーポンがついていることが多いので、皆さんもお買い物をしたら是非念入りにチェックしてみてい下さい!

ワンワールドオブザーバトリーの割引コード

地図・アクセス

住所:285 Fulton St, New York

WEBサイト


911メモリアルミュージアム(9/11Memorial Museum)

こちらも行くことをオススメします。場所は先ほど紹介した展望台ワンワールドのすぐ近くにあります。

911メモリアルミュージアム・ワールドトレードセンター

2001年のアメリカ同時多発テロ事件が起きた当日の様子や、犠牲者の方々の写真、残された階段や、曲がった鉄筋など、見るのが辛い内容が多いです。

飛行機がワールドトレードセンターに突っ込んだ後にビルに残されてしまい、その方が亡くなる前に奥さんに電話で連絡した実際の音声などもありました。悲しすぎて聞くに絶えませんでした。

911アメリカ同時多発テロ

ミュージアムの外に出たら、ツインタワー跡地(グラウンドゼロ)にある"水が流れ落ちる巨大プールのモニュネント"も見学しておきましょう。色々と考えさせられます。

入場料金・チケットの値段

大人$24、 子供(7〜17歳)$15、6歳以下無料

無料で入場する裏技

実は火曜日の午後5時以降のみ、無料で入ることができる裏技があります!

"Free Admission Tuesdays"というチケットを入手する必要があるのですが、早い者勝ちで人数制限があるので注意!

その方法は2つありました。

一つ目は、当日の午後4時から配布されるチケットを現地で入手する方法です。時間の変更をする可能性もあるとホームページに書かれているので、必ず最新情報を確認して下さい。私たちは現地で入手していないので、詳しい場所はわかりません。

二つ目はWEBサイトからネットで入手する方法です。火曜日の朝に、チケット購入ページの一番下にある"Free Admission Tuesdays"と書かれた隣にある"TICKETS"というボタンをクリックし、必要事項を入力して入手しました。

以前、私がゲットした時は、火曜日当日の(何時か忘れてしまいましたが)朝から予約開始と注意書きがあったと思うのですが、今確認したとこと、ネットからの入手方法が詳しく書かれておらず、今でもこの方法が利用できるのかは不明です。

地図・アクセス

住所:180 Greenwich St, New York


フラットアイアン・ビルディング(Flatiron Building)

ぺたんこで三角柱型のユニークな形の建物です。映画スパイダーマンのロケ地でもあります。中に入ることはできませんが、せっかくなので外から写真撮影しておいても良いのでは?

フラットアイアンビルディング

地図・アクセス

住所:175 5th Ave, New York


エンパイア・ステート・ビルディング(Empire State Building)

ニューヨークの展望台については、"ロックフェラーセンター"と"ワンワールドオブザーバトリー"を紹介しましたが、エンパイアステートビルディングの展望台も有名です☆

ニューヨーク・エンパイアステートビルディング

ちなみに、ドラマ「ゴシップガール」でチャックがブレアに気持ちを伝える為に待ち続けるのもエンパイアステートビルの展望台です。他にも、キングコング、インデペンデンスデイなどのロケ地としても有名。

地図・アクセス

住所:350 5th Ave, New York


クライスラー・ビル(Chrysler Building)

クライスラービルは展望台などはないのですが、外観が美しく一見の価値ありです☆映画では「メン イン ブラック3 (MIB3)」の撮影場所でもあります。あのビルから飛び降りるシーンですね。

クライスラー・ビル(Chrysler Building)

地図・アクセス

住所:405 Lexington Ave, New York


トランプタワー(Trump Tower)

これは、わざわざ行くつもりはなかったのですが、去年たまたまビルの前を通った時に、荷物検査をするくらい厳重警備を行っていました。建物の中には入らなくても、警察官のチェックがあってビックリ!

トランプタワー

トランプタワー

地図・アクセス


タイムズスクエア(Times Square)

タイムズスクエアも絶対に外せないニューヨークの観光スポットです!

今まで色々な国に行きましたが、その国のなかの都会を見ても東京が大都会なのであまり感動しないことが多いのですが、タイムズスクエアはマジで度肝を抜かれます!超大都会オーラがガシガシ出てます(笑)

ニューヨーク・タイムズスクエア

ドラムを演奏する人や、ダンスパフォーマーなども見かけました。

偽物のキャラクターの着ぐるみを着たインチキくさい人とは一緒に写真を撮らないように。チップを要求されると思います。

あと、黒人の自称ラッパーが無料でCDを受け取ってくれっていうのも、一度受け取ってしまうと集団になってしつこくチップを要求してくるので断るように

ニューヨーク・タイムズスクエア

ネオンが綺麗なので、夜にも訪れたいですね!

余裕があれば、ブロードウェイのミュージカル(ライオンキングなど)も見ておきたい!

ニューヨーク・タイムズスクエア

地図・アクセス


ルーズベルト・アイランド・トラムウェイ(Roosevelt Island Tramway)

ルーズベルトアイランドとマンハッタンを繋ぐロープウェイで、地下鉄のメトロカードを利用して乗ることができます

なので、乗り放題のアンリミテッドカードを購入している方は実質無料で乗れちゃいます☆

ルーズベルト・アイランド・トラムウェイ(Roosevelt Island Tramway)

冬のルーズベルト島はめっちゃ寒かったので、、そんなに長居する必要はないと思うのですが、せっかくなのでトラムウェイだけは乗ってみても良いんじゃないかな?

映画"レオン"でマチルダがこのロープウェイに乗るシーンがあります

ルーズベルト・アイランド・トラムウェイ(Roosevelt Island Tramway)

地図・アクセス

住所:E 59th St & 2nd Avenue


セントラルパーク(Central Park)

セントラルパークはかなり広いので、全部を散歩するのには結構時間がかかります。

セントラルパーク(Central Park)

いくつか見所があり、映画のロケ地としても良く登場するので、自分の興味がありそうな場所をピックアップしたほうが良いかも。

セントラルパーク(Central Park)


ザ エンパイア ホテル(The Empire Hotel)

すいません、これは完全に"ゴシップガール"を見たひと向けのネタ(笑)

ドラマの中でチャックバスが経営しているホテルです。興味があるかたは、近くに行く予定があれば見てみても良いかも?

ゴシップガールのエンパイアホテル

地図・アクセス

アッパーウエストサイドにあります。


メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)

実は私たちは今回外観しかチェックしませんでした。だって、、ここもゴシップガールのロケ地なんだもん(笑)

この階段にセリーナやブレア達が座って話しているシーンが多いんですよね!

美術館自体もかなり評価が良いので、アートが好きな方は行ってみて下さい☆

メトロポリタン美術館

地図・アクセス

住所:1000 5th Ave, New Yor

WEBサイト

 

コニーアイランド(Coney Island)

コニーアイランド(Coney Island)は冬に来ても、ルナパーク遊園地の営業をしていないので今回このブログに書くかは迷いましたが、雰囲気がいかにもアメリカって感じで可愛いので紹介しておきますね!

コニーアイランドには(しょぼい)ビーチもあるのですが、夏は泳ぐというよりも日焼けをしたり寝転んだりする人で賑わいます☆

冬はホットドッグを食べにくるか、遊園地の写真撮影を外から楽しむ程度でしょうか。

時間があれば来てみても良いかもね(^^) 冬だと空いていて、写真取り放題なのはメリットだよ(笑)

ルナパーク遊園地(Luna Park)

ルナパーク遊園地(が営業している時)は、横浜の"コスモワールド"みたいなシステムで、入場料金は無料でアトラクションにごとに代金を支払います。

コニーアイランド(Coney Island)のルナパーク遊園地

ルナパークのWEBサイト

ホットドッグ店「ネイサンズ」(Nathan's Famous Hot Dogs)

夏のアメリカ独立記念日(インデペンデンスデイ)には、ホットドッグショップ「ネイサンズ」の早食い大会が行われる場所で、日本人の方が優勝したこともあるので、テレビで見たことのある人も多いのでは?

ホットドッグ店「ネイサンズ」(Nathan's Famous Hot Dogs)

ネイサンズWEBサイト

 


 

いかがでしたか?私たちはこのニューヨーク旅行が本当に最っ強に楽しかったです!!滞在期間2週間じゃ足りないよ〜。日数(とお金が)もっと欲しかったくらいです(笑)

 

↓冬でも開催しているニューヨークのフリーマーケットを旅行ブログにまとめました☆

↓ニューヨークにきたら、古着屋めぐりは絶対にしたい!安くて可愛いヴィンテージの洋服や靴を買っちゃおう☆メンズもレディースもあるよ。

↓男性向けのお買い物ガイドを書いたので、良かったら見てみてね!ニューヨーク限定のTシャツやかっこいいスニーカー、お店の地図などできるだけ細かく旅行記で紹介しています☆

今日もお疲れ様でした!読んでくれてあんがと!おやすみ〜☆