TATSU&YUKIの二人旅.COM

海外滞在期間は計"約4年半!留学・ワーホリ&世界一周旅行をした元バックパッカー夫婦の旅行ブログ

MENU

必読!ってか断食(ラマダン)かよ【モロッコ旅行記】観光名所ランキング

サハラ砂漠

こんにちは!

今まで、語学留学やワーホリを含め、カップル二人で合計約4年半かけて37ヵ国を旅行したカップル (Tatsu&Yuki) の女のほうです(^^)/

 

今回のブログは、バックパックを背負って行った「モロッコ」についての旅行記!!

 

実際にモロッコへ行く前の"モロッコのイメージ"って、

「可愛い雑貨やお土産いっぱい」

「街並みがオシャレ (インスタ映え・フォトジェニック) 」

「モロッコ料理って美味しそう」

「砂漠があって ラクダがいる」

「イスラム教の国」

「ちょっと治安悪そう?」

こんな感じでした。

 

(治安の悪さを除けば、) 絶対に好きそうな国だし、きっと楽しい旅行になるだろうと 二人でワクワクしていたのです。

しかし、航空券を買った後に、「自分たちが行く期間が"ラマダン (断食) "にだだかぶり」ということに気がつきました、、、。ガーン

しかも、いざモロッコへ行ってみると、ラマダンとかに関係なく「あれ?モロッコ、、あんま好きじゃねーぞ。」ってなったっていうね(笑)

、、、。

まあ、期待値が高すぎたんでしょう。

あと、、、ぶっちゃけ、モロッコ人が苦手でした(^^;)

 

ただ、ラマダンの時期に行ったことで (色々苦労はあったけど、) この貴重な体験で 知ることができたイスラム教やモロッコの文化は 興味深かったです。

そして、唯一無二で魅力的な景色が多かったし、モロッコが行って良かった国だったのは確か。

有名な「サハラ砂漠&ラクダ」とか「青い街」とか「皮なめし」とか全部凄かったもん。

 

では、そんな不思議な国 "モロッコ"の 観光名所をランキングにして紹介しましょう!

絶景だけじゃなくて、グルメやモロッコの基礎知識も書いたよ(^^)

( ※ 長いブログ記事になっちゃったので、↓ 目次で必要な箇所をクリックして、そこまで飛ばして読んでね☆)

 

モロッコってどんな国?

まず、モロッコについてちょっと書きますね(^^)

モロッコの位置と地図

モロッコは、北アフリカにある国で、私たちにとっては 唯一行くことができたアフリカの国でした。

地図で見ると、ヨーロッパの"ポルトガル"と"スペイン"の南に位置していることがわかります。

てっきり、モロッコ最大の都市である"カサブランカ"が首都かと思っていましたが、"ラバト"が首都だそう。

言語

公用語は、アラビア語とベルベル語ですが、フランスの保護領だったことから フランス語が通じるようです。

実際に私たちが観光したところ、モロッコで英語はほとんど通じないと感じました。

一部の地域では、スペイン語も通じるみたいです。

サハラ砂漠へ行ったときにツアーをしてくれた"ベルベル人"の男性は、スペイン語が流暢で、スペイン人の観光客と早口で会話をしていました。

モロッコの国旗

モロッコの国旗は、赤い旗に 緑の星が描かれています。

ウィキペディアによると、『深紅の色で預言者ムハンマドを象徴しており、緑の五芒星「スレイマン(ソロモン)の印章」が表されている』そうです。

モロッコの国旗

ビザ

日本人旅行者はビザなしで入国できます(^^)

その他の情報

正式名称はモロッコ王国で、英語では"Kingdom of Morocco"と書きます。

人口は3500万人を超えていて、年々増えているそう。

また、イスラム教が国教です。

マラケシュ(モロッコ)

 


私たちのモロッコ旅行について

ここでは、私たちが実際にモロッコへ行ったときの情報について書きます。

滞在日数・期間・時期

私達がモロッコに滞在したのは、2017年6月13日〜6月25日までの13日間。

しかし、初日は夕方にカサブランカの空港に到着し、で移動に時間を費やしたので 観光はなし。また、24日の夜はフェズで空港泊をし、最終日の25日は朝早くに出国しました。

よって、実際に観光することができたのは、11日間になります。モロッコ観光が飽きてしまった私達には、ちょっと期間が長すぎだったと思います。
 

ラマダン (ラマダーン) とは?

ラマダンとは、ものすごく簡単に言うと「イスラム教徒が約一ヶ月間 断食をする期間」です。

とはいえ、断食をしなければいけないのは、日の出から日の入りまでの間なので、夜は食事をすることができます。

逆に、水でさえ昼間は飲むことが許されません。暑い季節に水分補給ができないなんて、辛すぎますよね、、。

食事以外の禁止行為

それから、ラマダン期間中の日中にしなければいけないのは断食だけではありません!

食事以外に、喧嘩やタバコ、性行為やキスも禁止なのです。

日没後・日の入り前であれば性行為は許される?

ここまで書いて気になったのですが、「食事をすることは、日が沈んだあとであればOK」 ということは、その他の行為はどうなんでしょう??

、、、ねえ?

ググってみたところ、モロッコではありませんが、バリ(インドネシア)でイスラム教徒の男性と結婚された日本人の方のブログ記事を発見しました。

おおーー!なるほど。つまりラマダン中でも、夜であれば性行為をしてもオッケーということですね。勉強になりました、ありがとうございます!!

学校では習わないイスラム教についての知識が増えましたね。

ラマダンの期間

ラマダンの日程は、毎年同じではありません

私達は、航空券を購入したあとに、ラマダン中にモロッコへ滞在することになってしまったということに気がつきました。

モロッコ旅行 (もしくは その他のイスラム教の国への旅行) を計画している人は、ぜひ事前に確認してくださいね☆

2018年のラマダンは、5月15日〜6月14日だそうですよ〜。

モロッコの看板

実際に現地で体験したラマダン

私達がモロッコ観光をした期間の全ての日程は、残念なことにラマダンの時期が被ってしまっていました (T_T)

( ※ 私達にとっての最終日である2017年6月25日は、ラマダン明けだったのですが、すぐに出国してしまったので、意味なし。)

観光客向けのレストランは昼間も営業

ラマダンだからと言って、外国人観光客も昼間の断食をしなければいけないわけではありません

観光地であれば、昼間もレストランは営業しているので、普通に食事をとることができます。

じゃあ、何が問題なのか?

 

ええ、大問題なんですよ。

だって、観光客向けのレストランってめちゃ高いんだもん!! (チップも必要だったし。)

 

私達は、ローカルの人達が好む食事を食べるのが大好きです。

その理由は二つあります。

一つ目は、単純に安いから。観光客向けのレストランに比べて断然節約できます!!

なんせ世界旅行をするバックパッカーでしたから、食事代の節約はとても大事です!

二つ目の理由は、現地の人の食べる物を知ることができ、なおかつ美味しいからです。

モロッコのストリートフードを食べるのを楽しみにしていた私達ばガッカリでした、、。

ローカルフードを食べるチャンスは夜

でも、屋台のグルメを食べるチャンスはありました!

しかし、屋台がオープンするのが、なんと夜の10時過ぎなんですよ!!遅っ!

昼間はパン、フルーツや野菜などの軽食で済ませて、夜10時になったら繰り出して"肉の挟まったボリューミーなサンド"みたいなのをバカ食いしてたら、Tatsuは体調を崩してしましました(T_T)

ラマダンの夜

現地の人の前での水分補給が気まずい

それから、現地の人が断食をしている間は、水ですら飲むことが許されていません。(観光客は飲んでもOK。)

私達がモロッコへ行ったのは6月で 気温が高かったのですが、長距離移動に使った電車内は物凄っい暑くて、どうしても水分補給は避けられない状態でした。

しかし、よりによって向かい合った座席で、ラマダン中のイスラム教徒の方を目の前に水を飲むのは、本当に申し訳ない気がしました、、、。

子供の食事はどうなる?

ラマダン中とはいえ、子供が日中に食事を我慢するのは辛そうですよね、、。

どうやら、子供達は特例だそうです。

マクドナルドやバーガーキングのようなファストフード店では、両親と一緒に来店した子供だけが食事をしている様子を見ました。

なんだか不思議な光景だったな〜。

 

モロッコ観光の移動方法

移動は電車とバスを利用しました。

電車もバスも、窓口で事前にチケットを買うことが多かったです。当日券もあるけど、売り切れる場合もあるので、できるだけ早めに購入。

電車

カサブランカ空港からカサブランカの街、カサブランカからフェズ、マラケシュからフェズの移動は電車を利用しました。

電車はクーラー完備ですが、全然効いてなくて、めちゃめちゃめちゃめちゃ暑くてヤバかった!!

あと座席が決まっていないセカンドクラスだったので、座席を確保できないと辛いと思います (私達は運良く座れました)。

フェズの駅

バス

フェズからシェフシャウエン、シェフシャウエンからフェズ、フェズからメルズーカ(サハラ砂漠)、メルズーカからマラケシュはバスを利用しました。

フェズからメルズーカは深夜バスだったのですが、寒いし超狭すぎて眠れず、、。「リクライニングを下げるな!」と喧嘩をする観光客もいました(苦笑い)

メルズーカからマラケシュへのバスは、アップダウンが激しくて曲がりくねった道ばかりを通るから、私は吐きそうになっちゃったよ、、(T_T)

でも、バスの外を窓から眺めたら、マジ絶景でした。

モロッコ

服装

女の私の服装は、だいたいデニム(ジーンズ)にロンティー。

夏である6月に行ったので、とーっても暑かったのですが、バスは極寒で調節できる上着が必須でした!(モロッコには四季があるので、冬は肌寒いと思います。自分の行く季節の気候や天気に合わせた服装を選んでくださいね!)

モロッコはイスラム教の国なので、現地の女性はヒジャブを纏っていて、露出のない服装をしています。なので、とくに女性は露出を控えた服装がオススメです。

でも、マラケシュのような人気の観光地では、普通に胸元のあいたワンピースを着ている白人観光客を見かけました。

私も、サハラ砂漠へ行ったときには、ショートパンツを履いたし、そこまで気にしなくても良いかもしれません。

まあ、決して治安が良いっていう国ではないし、セクハラの噂も多いので、あまり露出しないほうがトラブル回避できるんじゃないかな?

 

男性のTatsuの服装は、Tシャツに 薄手のスポーティーなパンツ(長ズボン)でした。帽子やサングラスも利用していましたよ。

女性同様、調節できる上着があると安心です☆

 

治安

行く地域やエリア、時間帯にもよると思いますが、モロッコの治安はあんまり良くない印象でしたね。

本当に良い人もいるんだろうけど、だいたい声をかけてくるやつはインチキっぽかったです(笑) 女性はセクハラをされることも多いようですので、注意してくださいね!

根っから悪くない人だとしても、なんだか胡散臭い輩が多い感じがしました。悪いやつじゃなくても、チャラくて、ともかくしつこい感じ。

タクシーはボッタクリ前提といった感じで、値下げには絶対応じない"頑固者"もいます。

そうそう、道端では大声で喧嘩している人たちを何度も見かけましたよ。

(アレ?ラマダン中、昼間の喧嘩は禁止では、、???)

 


おすすめ!モロッコ観光名所ランキング

さあ!お待たせしました!

ここからは、モロッコの観光名所を紹介するよーー!改めて見直すと、絶景だわ。

NO.1.サハラ砂漠 (メルズーカ(Merzouga))

モロッコに行って一番気に入った観光名所は「サハラ砂漠」です!!

ラクダに乗って砂漠を移動し、サハラ砂漠のテントで一泊するというツアーに参加しました。

サハラ砂漠

( ※ 見出しには"メルズーカ"と書きましたが、実際はその隣の村"ハシラビット (Hassi Labied) "からツアーに参加しています。)

 

夕方に村と砂漠の境目あたりくらいからラクダに乗って出発します。

村は晴天だったのに、ラクダに乗ること30分くらでしょうか、「おい!ツアー中止にしろよ!」ってくらいヤバい砂嵐に襲われました(T_T)

(この笑えないピンチの砂嵐のエピソードについては、またそのうちブログに書くね。)

 

サハラ砂漠の一泊ツアーは、夜に見る素晴らしい星空でも有名なのですが、私達は砂嵐のせいで 夕日も星空も見ることができませんでした。ガッカリ

 

でも、翌朝早起きをして拝んだ"朝日"には感動!!

サハラ砂漠とラクダ

 ↓ この写真にポツンと写っているのはTatsuです。砂漠の規模の大きさが伝わりますね〜。

サハラ砂漠の砂は濃いオレンジ色。

 

ラクダ使いの男性は"ベルベル人"。遠距離恋愛中の日本人の彼女がいるそう(笑)

ラマダンについて質問すると、「俺は本当はイスラム教ってわけじゃないから、守りたくない。でも守らないと本当は違法だよ。」と言っていました。

(余談だけど、ベルベルジンって聞くと"原宿の古着屋"ってイメージがあるんだけど、名前の由来はこの"ベルベル人"なんだろうか?)

 

ちなみに、ラクダの乗り心地は、信じられないくらい悪いです(笑) 前後上下にすっごい揺れるから、落ちないように必死です!

でも、乗せてくれてありがとうね!!とても貴重な体験だったよ!

ハシラビットの位置・地図

 


No.2.青い街 「シェフシャウエン (Chefchaouen)」

モロッコで人気の観光地と言えば、この青い街"シェフシャウエン"

シェフシャウエン

街中がすべて青いんです!インスタ映えってやつですね。

シェフシャウエン

シェフシャウエン

何も買わなかったけど、お土産屋さんもたくさんありましたよ☆

シェフシャウエン

シェフシャウエン

あと、猫ちゃんがたくさんいて可愛かったです(^^)

シェフシャウエン

シェフシャウエンの位置・地図

私達はフェズからバスで行きました。

 


No.3.世界遺産 「フェズ (Fez・Fès)」

フェズの旧市街 (メディナ) は、世界遺産に登録されています。

このブー ジュルード門 (通称ブルーゲート) の奥が"フェズの旧市街"です。

モロッコの世界遺産フェズ

フェズは"迷宮都市" なんて言われています。

実際に訪れてその名前の理由がハッキリとわかりました。

その道はとても狭く、入り組んだ道になっています。周りの景色が見えないこともあり、自分が何処にいるのかスッカリわからなくなってしますのです。

フェズ

道に迷うと、「案内してあげるよ〜」と声をかけてくる人がいます。

オランダ人の友人のは、フェズで迷った時に、子供が案内をしてくれたんだけど、その後 お金を請求されたと言っていました。

フェズ

 

皮なめし -タンネリ-

今回フェズで一番見てみたいと思っていたのが、この「皮なめし」!

要は、動物の皮をなめして、革製品にするんですね。

フェズの皮なめし

テレビで見て、ずっと行ってみたいと思っていました。

しかし、この迷宮都市でフェズで "自力で皮なめしを見学するポイント" を見つけるのは至難の技。

 

この場所を見学できる だいたいの場所は、主に革製品を売るお店の上の階にあります。

つまり、「有名な観光名所である"皮なめし"が無料で見られるよ!」とお店に誘い込み、見学した後に、お店の商品を買わせるという流れになるわけですね。

 

見学した後の私達も、案の定 「革製品を買え!」とオッちゃんにブチ切れられたわけですが、どうにか100円だけ支払って脱出することができました。(この話はまたそのうち、、。)

フェズの皮なめし

ここは、ともかくクサイから その臭いをごまかす為に、ミントの葉を渡されると聞いていました。

でも、いざ行ってみると、そんな言うほど臭さは気にならなかったかな。

聞いた話によると、この染色に鳥の糞を使っているとか。

フェズの皮なめし

そんな臭いのことよりも、この炎天下で重労働をしているのに、ラマダン中だから水分補給できないのかな〜、と心配になりました(T_T)

フェズの皮なめし

フェズの位置・地図

 


No.4.マラケシュ (marrākish)

マラケシュの旧市街も世界遺産に登録されています。

一番 観光客が多い印象をうけたマラケシュ。

ぶっちゃけ 個人的には、これといって大きなインパクトはなかったです。

ただ、お店が多いので、モロッコらしいお土産を買うならマラケシュが良いかもしれませんね☆

マラケシュ(モロッコ)

 

ここで売られていた、刺繍でロゴの入った籠バッグや、ポンポン付きのバスケットが可愛くて、値段も安くて欲しかったけど、まだ帰国する前にヨーロッパ旅行が残っていたので、荷物がかさばってしまうことから諦めました。。

マラケシュ(モロッコ)

 

細い路地にはたくさんのお土産やさんがひしめき合っていて、現地の人と観光客で賑わう道なのに、そこを普通にバイクが通り過ぎます。油断していると危ないので注意です。

マラケシュ(モロッコ)

 

 ↓ マラケシュには、パン屋さんが何軒かありました。味もなかなか美味しくてオススメ。

マラケシュ(モロッコ)

 

 ↓ 看板(?)屋さんの横に、肉屋さんがありました。右横に小さく見えるのがお肉屋さん。

マラケシュ(モロッコ)

 

 ↓ モロッコでお土産に買おうかな〜と思っていたのが、この「バブーシュ」。

モロッコの伝統的な履物で、革を使ったスリッパみたいなものです。

写真は撮らなかったのですが、マラケシュではバブーシュ屋さんを多く見かけました。

しかし、なんとなくクオリティーが良くなさそうだったのと、お店の人がしつこい感じなのが面倒くさくて購入には至らず。

 

マラケシュの位置・地図

 


モコッロのグルメ・食べ物・飲み物

では、最後にモロッコのグルメ!

正直そこまで美味しいものに出会えなかったのですが、私達が試した食べ物や飲み物を紹介していきます(^^)

タジン鍋

モロッコ料理といえば"タジン鍋"!!

日本でもブームになりましたよね!?

絶対好きだと思っていたけど、正直、、、まあまあって感じの味でした。

とてもシンプルな味なので、食材の旨味を生かしているテイスト。

これは、ラム肉と野菜のタジン鍋。

美味しいんだけど、自分でも作れそうな味付けなんだよな〜。

タジン鍋

ただ、自分たちは2件のレストラン (カサブランカとフェズ) で食べただけなので、お店によってはもっと味が違うかもしれないです。

 

屋台 (ストリートフード) のお肉サンド

私達はラマダン中だったので、屋台は夜中から活気付いていました。

フェズ、シェフシャウエン、マラケシュで何軒かのストリートフードを試しました。

モロッコのストリーフード

お肉をその場で焼いて、そのお肉とフライドポテトを (サブフェイで使われていそうな種類の)パンにサンド。最後にソースをかけてくれます。

お店によって、そのお肉の種類が違うんですよね〜。

 

中でも美味しかったのが、マラケシュの裏路地にあったお店!!

優しいオッちゃんがやっているお店で、お肉はチキンでした。パンに挟んで食べるのが一般的なようでしたが、私達はお肉だけをオーダー。

ちょっとスパイスの効いた焼き鳥みたいな感じで、めっちゃ美味しかった!!値段も安いから何本も食べまくったよ(笑)

モロッコのストリーフード

お店のオッちゃんが良い人だったのも嬉しいポイントでしたね(^^)

 

モロッコの路上で買ったケーキ

フェズの旧市街を歩いていると、路上に小さなショーケースがあって、めちゃ美味しそうなケーキが売られていました!

正直モロッコの物価に対して、カナリ高かったんだけど、二人して我慢できずに購入しました(笑)

普通にケーキ屋さんのクオリティーで美味しかったです。

モロッコのケーキ

 

パン

フランス保護領の影響でしょうか、モロッコではたくさんパン屋さんを見かけました。

値段が安くて、味もなかなか美味しいです(^^)

とくにマラケシュではお世話になりました。

モロッコのパン

 

フェズでは、普通のパン以外にも、クレープやパンケーキのようなお店も見かけました。

いくつか試したんだけど、シンプルながら美味しい物といまいちなものがありました。

モロッコのパンケーキ

 

おなじくフェズでこんなお店も。クッキーだか揚げ物みたいなお菓子かな?おそらくハチミツが使われてるっぽいです。

なぞの食べ物

 

野菜とフルーツ

こちらの写真もフェズから。野菜やフルーツも売られているので、ちょっと小腹が空いた時や、朝食としてそのまま食べたりしました。

フルーツ

 

そうそう、フェズでは "生きた鶏" も売られていましたよ、、、。新鮮です。

鶏

 

ケバブ味のポテトチップス

フランス系のスーパーマーケット"カルフール"で見つけた「ケバブフレーバーのポテトチップス」。

普通に美味しかったです。機会があればぜひ(^^)

ケバブポテチ

 

アボカドシェイク

モロッコの名物らしいので、注文してみました。

アボカドのミルクシェイクなんて、響きはヘルシーなんですけど、結構甘くて全然健康的じゃない味でした。リピートはないですね。

アボカドジュース

 

ミントティー

モロッコで有名な飲み物といえば、ミントティーも忘れてはいけません!

これは、フェズで AirBnB(エアービーアンドビー・民泊)を利用した時に、オーナーさんがサービスで出してくれました。見た目も可愛いので嬉しかったな〜。

ミントティー

 

マラケシュで別のAirBnBを利用したときもミントティー出してもらえました。

このように高い位置から注ぐそう!!

 

ミントティー

ミントティーは、ミントはスッキリして良いんだけど、ありえないくらいお砂糖が入っていて、ともかく甘いんだよね(^^;)

しかも、気温が高い夏なのに、お茶も暑いもんだから、汗だくになってしまいました(笑)

でも、わざわざ入れてくれるなんて優しいよね〜(^_^)

 


最後に

実際にモロッコに行ってみたら、思ったほど好きじゃなかったけど、やっぱり期待しすぎちゃった部分が多かったのかな〜思います(^^;)

あと、気温がめちゃめちゃ暑かったことと、ラマダンだったことが 疲れてしまう要因を高めたのかもしれません。

 

でも、こうやって改めてブログでまとめてみると、モロッコならではの独特な景色を見たり、今までにはない経験をしたり、知らない文化に触れることができた 素晴らしい機会だったんじゃないかな。

それぞれの街の行き方や移動方法、細かいエピソードについても、そのうちブログに書きたいと思っているので、興味のある方は気長にお待ちいただければと思います。

 

最後までお付き合いありがとう(^^) 今日もお疲れ様でした☆

 

©Tatsu&Yukiの二人旅.com