TATSU&YUKIの二人旅.COM

海外滞在期間は計"約4年半!留学・ワーホリ&世界一周旅行をした元バックパッカー夫婦の旅行ブログ

MENU

アグラ観光5【女子にオススメ可愛いベビータージ】インド旅行記

ベビータージ

こんにちは!

今まで、語学留学やワーホリを含め、カップル二人で合計約4年半かけて37ヵ国を旅行したカップル (Tatsu&Yuki) の女のほうです(^^)/

 

今回の旅行ブログ(旅行記)では、インド・アグラの穴場観光名所である「ベビータージを紹介します!実は、世界遺産の"タージマハル"の原型だそうですよ〜☆

"タージマハル"に比べると一見シンプルな建造物だけど、細部をよーく見てみると"とっても可愛い"くて、オシャレな女性バックパッカーには特にオススメな観光スポットです。

イスラーム建築やイスラム美術が好きな人も必見だと思います。

 

ベビータージとは?

ベビータージマハール

インドのアグラにある「ベビータージは、現地で呼ばれる通称の名前で、正式名称は"イティマード・ウッダウラー廟 (Itmad-ud-Daula)"といいます。

 

"イティマード・ウッダウラー廟"について、ウィキペディアにこのように書かれています。

イティマード・ウッダウラ廟は、インド のアーグラにあるムガル帝国の宰相ミールザー・ギヤース・ベグの墓廟。

墓廟は中央のドームと四つのミナレットから成る典型的なムガル建築であり、のちに建設されたムムターズ・マハルの墓廟タージ・マハルの原型になったという。

なるほど、あの有名なタージマハルの原型になっているので、「ベビータージ」と呼ばれているのかもしれませんね。

 

「ベビータージ」は、タージマハルと同じく廟です。簡単に言うと"豪華なお墓"といったところです。

ベビータージの場所・位置・地図

 

↓ "ベビータージ"は、黒いタージマハルを建設する予定だった場所から、3kmくらいの場所に位置しています。

世界遺産の"アグラ城塞"からも比較的近いです。

 

実際に「ベビータージ」に行ってみた!

入場料を支払って、入るとこんな感じ。

インドの他の場所でみた"イスラーム建築"でも 似たようなゲートを見かけた覚えがありますです。

綺麗に整えられた植木を手入れしているような人がいました。

ベビータージ

ゲートをくぐると、ベビータージが見えました。

タージマハールに比べると、かなり こぢんまりとしていますね。

ベビータージ

外国人観光客の姿はありませんでした。インド人の観光客がちらほらいるだけです。

ベビータージ

中には棺のようなものがありました。

ベビータージ


では、もっと細部に注目してみましょう。

人が少ないので、ゆっくり見学しながら、好きなだけ写真撮影を楽しむことができました。

ベビータージ

ベビータージ

ベビータージ

インドの街中の忙しさや治安の悪さを全く感じず、まるで別世界。

ただ、写真からは伝わりませんが、私たちがインドを訪れた時期は気温が猛烈に高くグッタリでした。(2014年6月。初めてインドのデリーに到着した時の最高気温は47度!)

 

ベビータージ

ベビータージ

 

内側から外を眺めるとこんな感じ。

ベビータージ

 

入り口の上部を見てみるとこれ!!

細かいところまで、抜かりのないデザインです。

ベビータージ

 

一番心を奪われたのが、これ!

タイルと呼ぶのでしょうか?この壁や床のパターンが本当に可愛い

ベビータージ

ベビータージ

ベビータージ

あああああ〜。可愛すぎ!!

完全にツボですね。

ベビータージ

 

他にもやばいデザインがあるよー。これ、絵ではありません

ベビータージ

色の異なる石が使われているんです。

ベビータージ

細か!!!古臭さを全く感じないこのデザイン。オシャレな化粧品のパッケージのような可愛さがあります。

ベビータージ

花柄や星柄など、女心を鷲掴みです!

 

最後に

ガイドブックには小さくしか掲載されていない「ベビータージですが、タージマハル観光目当てにインドのアグラに行くなら、ついでに立ち寄ってみるのがオススメです(^^)

規模は小さいですが、繊細なデザインにきっと魅了されるはずです。

 

私が、イスラム美術に初めて魅力を感じたのは、マレーシアでモスクなどを見学した時でした。 宗教とかは関係なく、デザインに魅せられてしまったんですよね〜。

 

↓ クアラルンプールのイスラム美術館についての旅行記はこちら!

↓ マレーシアの美しいモスクについてのブログもあります。

↓ インド・アグラの世界遺産"ファテープルシークリー"で騙された胸糞悪い話。