TATSU & YUKI

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TATSU&YUKIの二人旅.com

カップルで語学留学、ワーキングホリデー、世界一周するTatsu&Yukiの旅行記ブログ"二人旅.com"。

This Is How We Travel As A Couple!

彼氏/彼女、恋人ふたりで英語の語学留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)、世界一周旅行するカップルトラベルブログ

サラダファームでのお仕事1 - Lettuce Farm ( Weeding / Sorting / Harvesting / Packing ) -

Sponsored Link

2012年10月23日

 

新しくサラダファームで働けることになったTatsuと私は、職場には朝5時45分に来るように言われていたので、4時半に起きて準備を開始!!

 

Happy Appleと職場の間には線路ハイウェイがあり、横断歩道もないのですが、道路下をくぐれる近道のトンネルが有り徒歩15分でHappy Appleから職場までは着くだろうと、ハーベストオフィスのスタッフから聞いていた事もあり、少し余裕をもって5時20分に家をでました。

 

しかし、歩くも歩くもトンネルを見付けられず、時間は迫るばかりで焦る二人!!

線路があるためハイウェイまでたどり着く事すらできません!!(無理矢理線路を横切ろうとするも、フェンスや小川があり途中で断念(汗))

 

時間は既に出勤時刻である5時45分になってしまいました。

しかたなくトンネル探しを諦め、歩いて来た方向へ戻り踏切を渡ってハイウェイを横切ることにしました。

 

ハイウェイ

 

4リットルの水が入ったボトル二つにランチボックスを持って、パニック状態の私達は無我夢中で走りました。

 

6時15分やっと職場のゲートに着くも、人ひとり見当たりません

ゲートから道路沿いに100mくらい離れた場所に(オフィスらしき)小屋があるのでドアをノックしてみるも返事はなし。ドアも開きません。

 ゲートの側の小屋(レタスファーム)

 

ゲートまで戻り、道なりに200mくらい奥まで進むと、やっとトラック乗っている中年男性二人を発見!!

 

「遅れてごめんなさい!!近道のトンネルを探したんですが、道に迷ってしまい、、、」と言い訳を言うも、細身で怖い人相の男性(ウィル)は「30分も遅刻だな。」とボソリ。。

初日からやらかしてしまった。。

ビクビクしながらオフィスで書類に少しだけ記入をした後、もう一人の優しそうな男性(マネージャーのキム)とトラックに乗り少し離れた場所に移動。どうやらとても広いファームのよう。

 

最初に任された仕事は“雑草むしり(weeding)”。プロダクトであるレタス等の側に生えてきてしまっている雑草を抜くという単純な作業。

 

雑草とり(weeding)

 

すでに男女2人のバックパッカーが雑草むしりの仕事を始めていて、女の子(ニコラ)はとても感じよく「わからないことがあったらなんでも聞いてね。」と自己紹介をしてきてくれた。

その後その二人とは別々の場所へ。9時になると男の子(アンディー)がピックアップに来てくれ20分の休憩をとることに。

 

アンディーは職場のトラック(オーストラリアではユート(ute)と呼ばれている。)の運転も許されているみたいで、移動の迎えはほとんど彼。

 

オフィスで休憩をとると、先ほどの2人以外に別のカップル(ダニエルとナディア)のバックパッカーがいて、4人ともアイルランド人だそう。

 

オフィスには電気ケトル、電子レンジや冷蔵庫があり、前のファームに比べたら素晴らしい環境☆

 

オフィス

 

その後、12時に30分のお昼休憩をとった以外は2時までずーっと雑草むしりをして今日はおしまい!朝遅刻したこともあり、時間はあっと言う間に過ぎました。

 

雑草とり(weeding) 

 

しゃがんだ姿勢や腰を曲げた状態でする雑草むしりで、腰や膝そしてお尻が辛い(とくに私!!立ち上がってすぐに歩くとおばあちゃんみたいな歩き方に。。)ですが、仕事自体はとても簡単で、これで時給19.82ドル稼げるなら大満足!!

 

帰る前に、マネージャーのキムに今朝遅刻したことを謝罪。

すると彼は笑顔で「いいよ。少なくとも出勤してくれたからね。」と。

ニコラによるとキムはとても良いマネージャーだそう☆

 

 レタスファーム朝日

 

明日は時刻どおりに出勤できるように、8時に就寝した二人なのでした。

 

Yuki

 

サラダファームの他の記事はこちら

→ サラダファームでのお仕事2
→ サラダファームでのお仕事3
→ サラダファームでのお仕事4