TATSU & YUKI

TATSU&YUKIの二人旅.com

カップルで語学留学、ワーキングホリデー、世界一周するTatsu&Yukiの旅行記ブログ"二人旅.com"。

This Is How We Travel As A Couple!

彼氏/彼女、恋人ふたりで英語の語学留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)、世界一周旅行するカップルトラベルブログ

ブリスベン(Brisbane) – South Bank(サウスバンク)とPaddington(パディントン) –

Sponsored Link

2013年3月23日

 

ブリスベン(Brisbane)については、オーストラリアに来てすぐのころ「ブリスベン – Brisbane –」という記事で少しご紹介したことがあったのですが、Stanthorpe(スタンソープ)から車の日帰りでブリスベン(Brisbane)へ行ってきたので、今回改めてご紹介しますね☆

 

実はYukiの学生時代の友人がブリスベン(Brisbane)に住んでいるため、今回South Bank(サウスバンク)で待ち合わせしてランチをする事になりました!

ブリスベンのSouth Bank(サウスバンク)

ちなみにこのあたりの駐車場はとても高いです(´・ω・`)ショボボ。。(駐車料金はたしか2時間で15ドルとかだったかな?)

 

South Bank(サウスバンク)にはオシャレなお店があったり、人工ビーチがあったり、のんびりとした雰囲気ながらも素敵な場所だと思います。(写真がなくてごめんなさい!)

 

気取らない兄貴分の友人は既にオーストラリアに5年も住んでいるので、私達におすすめのスポットを教えてくれて、さらにランチやコーヒーまでおごってもらっちゃいました☆(ありがとうございます(⊃Д・、))

 

 

友人がTatsuと私に向いていそうなエリアとして紹介してくれたのが「Paddington(パディントン)」というところ。

ブリスベンのPaddington(パディントン)

 

早速車で「Paddington(パディントン)」へ向かってみたのですが、土曜日だったこともあり車を止める場所がなかなか見つからず困りました。。

 

▼結局この坂を下って、さらに登ったところに駐車しました。(駐車禁止エリアではないし、お金もかかりません☆)

Paddington(パディントン)で駐車した場所

写真だと、大した坂に見えませんが、実際はかなりの急勾配!!

 

Paddington(パディントン)」にはアンティークショップやヴィンテージショップ、古着屋、カフェなどが立ち並んでいます

Paddington(パディントン)

Paddington(パディントン)   ずーっと田舎のStanthorpe(スタンソープ)で生活しているので、ショッピングなんて久しぶりで嬉しいよ〜(-^0^)人(^0^-)

 

Paddington(パディントン)のお店Paddington(パディントン)のお店Paddington(パディントン)のお店

 

正直、雰囲気は可愛いけど、けっこう変なものを売ってる古着屋さんとかもありましたね〜。 でも、Yukiはユーズドの靴を購入して大満足\\٩( 'ω' )و ///

 

今回、私達は一泊しても良いかな〜って気持ちでブリスベン(Brisbane)に来ましたが、結局日帰りにしました。

 

やっぱり、都会ということで東京の規模を想像すると物足りない気がしますが、比較的ゆったりとした時間の流れる綺麗な街だと思います。

 

とは言っても私達はブリスベン(Brisbane)で生活はしていないので、また暮らしてみると違った表情も見えてくるかもしれませんねo(・∀・)

 

 


 

 

P.S.ブリスベン(Brisbane)やシドニー(Sydney)などの都市にはE-TOLLという有料道路があるようで、今回私達はクレム・ジョーンズ・トンネル(クレム7)を気が付かずに通ってしまい、後に手紙で請求されました。

 

E-TOLLの請求書

 

しかも2ヶ月後くらいに手紙が届いたので、延滞料金まで追加され18ドルもしました!ギリギリ帰国する前だったので、ちゃんと支払えて良かった〜☆(延滞料金は支払いが遅れるとどんどん加算されます!)

 

E-TOLLが導入されている有料道路は日本のETCのようなシステムになっているみたいなのですが、料金所のゲート等はなくて、有料道路ということがわかりづらいので注意して下さいね〜(ρ≧□≦)ノ