TATSU & YUKI

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TATSU&YUKIの二人旅.com

カップルで語学留学、ワーキングホリデー、世界一周するTatsu&Yukiの旅行記ブログ"二人旅.com"。

This Is How We Travel As A Couple!

彼氏/彼女、恋人ふたりで英語の語学留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)、世界一周旅行するカップルトラベルブログ

オーストラリアで退職する際にやることリスト -タックスリターンとスーパーアニュエーションの手続きの準備-

Sponsored Link

f:id:traveloops:20170201185400j:plain

2013年4月12日

オーストラリアのワーキングホリデーで退職することが決まったら、確認しておくべき項目がいくつかあります☆ その内容をまとめたブログ記事になります(^^)


 

ついに半年近く働いたサラダファームを退職

 

良い同僚とマネージャーに恵まれましたが、アジア人に対して差別的な態度をとるオーストラリア人もいたし、つらい経験もたくさんしました。

 

とくにTatsuはその意地悪なオーストラリア人と一緒に働く事が多く、大変だったと思います。それでも、めげずに真面目に働きました。

 

結果、マネージャーには気に入ってもらえ、Tatsuなんてボスの息子や奥さんにまで信頼されていたようです。

 

仕事は比較的すぐに見つかったし、総合的にはラッキーなことが多かったのではないでしょうか。お金は半年で一人100万円以上貯まりました!! ここまで頑張れたのも、本当にTatsuのお陰です。感謝ですね(´˘`)♡

 


オーストラリアのワーホリで退職が決まったらっやることリスト

さて、前振りが長くなってしまいましたが、今回はオーストラリアで仕事を辞めるときに、雇い主に用意してもらう書類や確認事項について書こうと思います!

 

 

1.ペイメントサマリー(PAYG Payment Summary)

Payment Summary/ペイメントサマリー

ペイメントサマリー(PAYG Payment Summary)は日本で言うところの「源泉徴収票」みたいなものです。 別名“Group Certificate”とも呼ばれています。

 

複数の場所で働いた方はそれぞれの会社のペイメントサマリー(PAYG Payment Summary)をもらう必要があります。これはタックスリターンをするときに必要になります。

 

※タックスリターンについてはこちらの記事を参考にして下さい →Tax Return(Australia) – オーストラリアのタックスリターンって自分でできるの? -

 

 

2.スーパーアニュエーション(Superannuation)のファンドとメンバーナンバーの確認

スーパーアニュエーション(Superannuation)

 

スーパーアニュエーションは年金みたいなものなのですが、オーストラリアでは雇用者が従業員の給与の9%に相当する金額を、従業員のスーパーアニュエーションファンドの口座に支払うことが法律で義務付けられているそうです。

 

本来は60歳になるまで引き出すことができないのですが、ワーキングホリデーなどで完全に帰国する場合は特別にそれを引き出すことができます(税金などが引かれ、全額は戻ってきません)。

 

スーパーアニュエーションファンド(年金基金)は無数にあるので、自分がどのファンドの口座を持っているかを確認しましょう。また、2社以上で働いた方は複数の口座を持っている可能性もあります。

 

※スーパーアニュエーションの引き出しについてはこちらの記事を参考にして下さい →自分でスーパーアニュエーションを引き出す方法- Superannuation(How to claim DASP) -

 

 

3.雇い主にセカンドワーキングホリデービザフォームを記入してもらう(Secound Working Holiday Visa form 1263)

セカンドワーキングホリデービザフォーム

 

オーストラリアで2回目のワーホリを希望している方で、条件を満たしいる職場で働いた場合は、雇用主に必要事項をフォーム1263に記入してもらいましょう!

 

フォームはこちら→Form 1263 Working Holiday visa Employment verification

 

スタンソープ(Stanthorpe)にいる方は、ワークフォース(Workforse)でもフォームがもらえると思います。

 

 

4.リファレンス(reference/推薦状)

リファレンス

 

これは必ず必要なものではありませんが、次回の仕事探しのときにリファレンスがあると便利かもしれません。

 

 


 

日本に帰国してから、困らない用に是非こちらのブログを参考にして下さいね☆ (※上記の内容は現在のものと変更している可能性があります。ご自身でも最新の情報を確認なさって下さい。)