TATSU&YUKIの二人旅.COM

二人で英語の語学留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)、世界一周旅行をした元バックパッカーカップル旅行記ブログ

オーストラリアでワーホリが終わったら、自分でスーパーアニュエーションを引き出す方法

スーパーアニュエーション(Superannuation)の引き出し方法

 

スーパーアニュエーション(Superannuation)とは?

オーストラリアのスーパーアニュエーションとは年金みたいなものなのですが、オーストラリアでは雇用者が従業員の給与の9%に相当する金額を、従業員のスーパーアニュエーションファンドの口座に支払うことが法律で義務付けられているそうです。(2014年現在)

本来は60歳になるまで引き出すことができないのですが、ワーキングホリデーなどで完全に帰国する場合は特別にそれを引き出すことができます(税金などが引かれ、全額は戻ってきません)。

 

自分でスーパーアニュエーションを引き出す方法(How to claim DASP)

先日、「オーストラリアで退職する際にやることリスト」という記事で“スーパーアニュエーション(Superannuation)のファンドとメンバーナンバーの確認”について書きました。

今回はそのスーパーアニュエーション(Superannuation)の引き出し方法について説明しますね☆

自力でのやり方は、決して難しくはありません(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ‼

 


オーストラリア出国前にすること

スーパーアニュエーションをクレームする方法で一番重要なのは、日本へ帰国する前に、オーストラリア国内で必要な項目を確認しておくことです!

 

1.スーパーアニュエーション(Superannuation)のファンドとメンバーナンバーの確認

→自分がどこの会社(ファンド)の口座を持っているかは絶対に確認しておきましょう! (ちゃんとした会社であれば、)雇用主に聞けばわかると思います。

スーパーアニュエーションファンド(年金基金)は無数にあるので、自分がどのファンドの口座を持っているかを確認しましょう。また、2社以上で働いた方は複数の口座を持っている可能性もあります

このときに、もし勤め先の住所をしらなければ一緒に確認しておくと良いですよー!

 

2.スーパーアニュエーション(Superannuation)のファンドに電話で引き出し方法を確認

→ちょっと英語で電話するのは大変ですが、念のため確認しておくと安心です。 ここでABN、SFN、SPINの3つのと、口座に入っている金額も確認できればさらに良いかも☆

 

3.オーストラリアからの出国スタンプをもらう

→これは実際私達は必要ありませんでしたが、ファンドに電話で確認したときには必要と言われました。 オンラインではなく、郵送で申請するときには必要なのかも?

(※現在、オーストラリアを出国するときにスタンプは押されないので、お願いして特別に押してもらいました。)

 


日本に帰国後にすること

今度は日本に帰国してからやる必要な内容です☆

 

1.ワーキングホリデーのビザがまだ有効であれば、キャンセルの申請をする(もしくは期限が切れるまで待つ)

ワーキングホリデーのビザが無効な状態でないとスーパーアニュエーションの引き出しができません!

 

ワーキングホリデービザのキャンセルは→Form1194を使います。

 

※私達はフォームをFAXしましたが、結局メールでキャンセル完了の返事をもらうのに2ヶ月もかかり、ビザの期限切れと殆ど同じタイミングでした。

仕事が遅いな〜オーストラリア。。

 

2.ATO(オーストラリ税務局)のホームページからOnline claimをする

オンラインから申請ができるので便利です☆
How to claim DASPのページでDASP online application systemをクリック!

 

必要な内容は下記のとおり(全部のデータはなくても申請可能だと思いますが、データが多い方が早いような気がします)。

 

・名前/生年月日

・email アドレス

・パスポートナンバー

・オーストラリアのタックスファイルナンバー (TFN)

・スーパーアニュエーションファンド名(会社名)

・スーパーアニュエーションファンドのABN、SFN、SPIN

・オーストラリアで働いていた雇用主名(会社名)

・オーストラリアで働いていた会社の住所

・勤めていた日付(いつからいつまでか)

 

※申請のときに設定した秘密の質問と答えは忘れないようにして下さいね!後に申請し直す場合や、(連続2年のワーホリでない)2回目のワーホリへ行った後に必要になります。

 

3.小切手がくるのを待つ!

→Yukiのオーストラリアのスーパーアニュエーションは、昨年申請した3,4週間後、内容に不備があるとメールで連絡があり、修正して申請し直した結果、それから2週間後くらいに小切手が送られてきました☆

 

Tatsuのは2ヶ月くらい経っても返ってこないので、結局電話で問い合わせたところ、なぜか受付できていない状態との回答。 (受付メールはもらったので、そんなはずはないのですが、、、いい加減だなぁ〜。)

結局、もう一度申請し直し、それから2ヶ月ほど経過してから小切手が届きました☆

 


 

日本で外貨の小切手を現金化する方法

日本で外貨の小切手の取り立てをするのは、一般的に銀行で行う人が多いのではないでしょうか?私たちも普通に都市銀行を利用しました☆

外貨小切手の取立手数料

日本で海外(オーストラリア)の小切手(チェック)を現金化/換金(取立)するには、高い手数料がかかります。

 

手数料の値段は、日本の銀行でだいたい2500円〜5000円くらいがかかり、取り立て先の現地の銀行からも手数料がかかる場合があります。 さらに日本円になって振り込まれることが一般的です。

 

つまり、もしスーパーアニュエーションの口座に入っている金額が少ない場合は、全ての手続きをしてもあまりお金が返ってこない可能性もあります。 事前に口座にいくら入っているか確認しましょう!

 

外貨小切手の取立にかかる期間・時間

また、海外小切手の取立には1ヶ月くらいかかる場合があります。できるだけ余裕を持って取立をすることをオススメします☆

 

外貨小切手の換金に必要な物・持ち物

銀行によって異なるかもしれませんが、一般的には通帳印鑑身分証明書が必要になると思います!

 

 

※上記の内容は変更している可能性もあります。 詳しくはATOのホームページで最新の情報を確認して下さい。

 

※追記※

2015年8月10日 ·

 

現在、TatsuもYukiも6月23日に二回目のオーストラリアのワーキングホリデーから帰国しました。

オーストラリアに入国した日から1年が過ぎ、ワーホリビザが失効したので、7月30日に二回目のスーパーアニュエーションの引き出し申請を行ったので、追記しておきます。

 

※ブログ内で紹介しているATOのホームページ(How to claim DASP)のリンクが表示されなくなっていましたね。ごめんなさい!

1.ATOのホームページ(https://www.ato.gov.au/)へ行き、検索ボックスに"how to claim dasp"と入れます。

2.検索結果に”Departing Australia super payment (DASP) | Australian ...”とでてくるので、そこをクリック。

3.次のページで” DASP online application system”をクリックすれば、オンラインから申請ができます☆

 

二回目の申請の方は、ATOに前回のデータが残っているので、以前の申請のときに設定した秘密の質問と答えが必要になります!(覚えてて良かった〜)

 

2回目のスーパーアニュエーションの引き出し申請は2015年7月30日に行い、約3週間後の8月21日にAustSafe Superから日本の自宅に小切手が届きました☆