TATSU & YUKI

TATSU&YUKIの二人旅.com

カップルで語学留学、ワーキングホリデー、世界一周するTatsu&Yukiの旅行記ブログ"二人旅.com"。

This Is How We Travel As A Couple!

彼氏/彼女、恋人ふたりで英語の語学留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)、世界一周旅行するカップルトラベルブログ

ベトナムのお金や入国審査、通貨(お金)、時差、治安、世界遺産についてのまとめ

Sponsored Link

ベトナムの国旗

今回はベトナムの入国審査やお金について、他の記事で紹介できなかった写真などについて書きますね☆

ベトナムについての基本情報

人口

人口は9,250万人(2014年現在)。

首都

首都はハノイ。

言語

言語はベトナム語(越語)が公用語。 観光地やお土産屋さんでは、英語が通じることも多いです。

 

通貨(お金)

通貨はドン。

ベトナムのお金(紙幣)を紹介します。 ゼロの数が多いし、どのお札もホーチミンだし、最初慣れないうちはかなり戸惑いました。 ベトナムのお札

ビニール製の紙幣で、一部透けている箇所があります。 ベトナムのお金ベトナムのお金

ベトナムの通貨はドンですが、アメリカドルも使う事ができます。アメリカドルで支払って、お釣りがベトナムドンのこともあるので、さらに頭がこんがらがります(笑)

 

時差

日本とベトナム との時差は、2時間です。日本の方が、2時間進んでいます。 サマータイムは実施していません。

 

治安

カンボジアの治安についてですが、私たちは特に怖い目に遭ったり、物が盗まれるなんてことはありませんでした。

しかし、詐欺、ぼったくり、さらには、ひったくり、暴行などの報告もされています。危険といわれるエリアや、夜間の一人歩きなどは控えましょう!!

日本よりも治安の良い国なんて基本ありません!!

 

入国審査

私達の基本の旅のスタイルは入国した直後のホテルは事前に予約し、その後の予定はその国に入ってから決めるといったスタンス。

しかし、ベトナムの入国審査は厳しく、片道航空チケットだけでは入国できないと聞きました。

賄賂を請求される場合もあるなんて噂もあるし、今回は夜中の入国だし、まだベトナム国内での予定は全く決まっていなかったけど、カンボジア行きの出国チケットも事前に購入しておきました。

結果的に私達の入国審査はとてもシンプルですぐに入国でラッキーでした。中国で高山病にかかってしまってからの夜中のベトナム入国だったのでスムーズに進み安心。

 

ベトナムの世界遺産

文化遺産

フエの建造物群 - (1993年)

古都ホイアン - (1999年)

ミーソン聖域 - (1999年)

ハノイのタンロン皇城の中心区域 - (2010年)

胡朝の城塞 - (2011年)

自然遺産

ハロン湾 - (1994年、2000年)

フォンニャ=ケバン国立公園 - (2003年、2015年拡大)

複合遺産

チャンアンの景観複合体 - (2014年)

 

ベトナムでちょっと気になったこと

ベトナムコーヒーとカフェ

ベトナムでは小洒落たカフェを良く見かけます。

ベトナムコーヒーは濃く苦味が強いのが特徴のようで、最初飲んだアイスコーヒーは濃厚で美味しいと思ったのですが、一般的にはコンデンスミルクが使われるそうで、その後飲んだものは甘すぎて私の口には合いませんでした。

VETNAMESE COFFEE

ちなみにこちらはスタバのパロディーこのTシャツね(^^)

 

夜間のゴミ収集

ハノイで見かけた、リアカーでゴミ収集を行う男性 ベトナムの夜のゴミ回収 路上にランダムに出されたゴミを、夜に歩きながら回収しています。

 

タマリンドの飴

タマリンドというマメ科の果実を知っていますか? 私はベトナムで初めて清涼飲料水に使われているのを見かけました。

パッケージの見た目がマメなので、味が想像できませんでしたが、こちらの飴はフルーティーな味でした。機会があればお試しあれ(^_^)/

タマリンドの飴

 


 

後半はまとまりのないブログ記事となってしまいましたが、これにてベトナムは終了!

ベトナムでは、新しい友達ができ、ベトナム戦争について改めて学び、パワプルなベトナム人女性に刺激をうけて、予想以上に美味しいベトナム料理をたらふく頂き大満足したTatsuとYukiでした(^▽^)

 

ベトナムのブログ記事一覧

ベトナムについて書いた記事の一覧です!ぜひご覧ください☆

 

次はいよいよカンボジアです!お楽しみに〜☆