TATSU & YUKI

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TATSU&YUKIの二人旅.com

カップルで語学留学、ワーキングホリデー、世界一周するTatsu&Yukiの旅行記ブログ"二人旅.com"。

This Is How We Travel As A Couple!

彼氏/彼女、恋人ふたりで英語の語学留学、ワーキングホリデー(ワーホリ)、世界一周旅行するカップルトラベルブログ

アンコールワット遺跡群観光1 -アンコールワット・アンコールトム(バイヨン)・タプロームetc.-

Asia(アジア) Asia(アジア)-Cambodia(カンボジア) 世界遺産 寺/城/教会 テレビCM/映画ロケ地etc.
Sponsored Link

朝のアンコールワット

二回目のカナダへの出発まであと数日となり、ソワソワし始めているTatsuとYukiです!

さあ、今回のブログはアンコールワットで有名なシュムリアップの第一弾☆


2014年5月21日

前回のプノンペンからバス(一人7 USドル)に乗って、アンコールワットで有名なシュムリアップへ移動! プノンペンからシュムリアップ プノンペンからシュムリアップ

途中でトイレ休憩がありました。

この右奥のほうにトイレがあったんだけど、やっぱり女性には辛いよね。 もちろん水洗ではない、桶で流すタイプ。ティッシュも持参してーーー! バスの休憩で行くトイレ フルーツとか軽食なんかの購入もできます。でもちょっと割高だったかな? バスの休憩で立ち寄る場所

シュムリアップのバスの降り場から、ホテルやマーケットがある場所まで離れているので、そこからトゥクトゥクへ乗らなければいけません。

ホテルに着くなり、トゥクトゥクドライバーから「アンコールワット明日行かないか?もし、色々な遺跡を見るなら二日間でこの値段、三日間ならこの値段だよ〜!」と持ちかけられたのですが、とりあえず連絡先だけ聞いて断りました。

結局ホテルでもトゥクトゥクチャーターのプランが用意されているようで、先ほどのドライバーが言っていた値段とあまり変わりませんでした。じっくり見たいので三日間行くことに

値段は1日目US$15、2日目US$23、3日目US$18というプランを選びました。(チケット代などは含まれませんが、それぞれの日に軽食と冷たいペットボトルの水を用意してもらえます。) 軽食

二日間連続で行き、1日休んで、その次の日に三日目分を行くことにしたので、ゆっくり楽しめそうです。


2014年5月22日

まずは初日、朝5時にアンコールワットへ向かい、朝日を拝みます!!

チケットブースに着いてもまだ真っ暗! 三日間使えるチケットはUS$40で、顔写真を撮ってもらいます。

アンコールワットのチケット売り場 アンコールワットのチケット アンコールワットのチケット

アンコールワットの前には池があり、そこに朝日によって鏡のように反射して映るアンコールワットを写真に収めようと待ち構える人がたくさん! アンコールワットの朝日を狙う観光客

意外と朝日がアンコールワットに隠れているときのほうが綺麗に撮れた気がします。 朝のアンコールワット

朝のアンコールワット

結構長時間待ちましたが、朝日が昇った後はこんな感じ。こちらは池があるのとは逆側から撮影しました。 朝日が昇ったあとのアンコールワット

だんだん暑くなってきました。遺跡に日差しが反射するせいなのか、ともかく暑い!!タオルやハンカチは必須ですよ〜(;´Д`A ``` アンコールワット

しかも、アンコールワットだけでも、めっちゃ広いんですよね。さらに、どこを撮影しても綺麗でパシャパシャ撮りまくり(笑)

アンコールワット

アンコールワット

たしか、この日は小回り(内回り)コースだったと思うのですが、行ったのはアンコールワットアンコールトム(バイヨン)タプロームなどだったと思います。

トゥクトゥクドライバー

しかし、1日で二人で撮影した写真は1000枚を超え(!)正直どこがどこだか、混ざってしまったので、、、、 ごめん!今日も、ザザ〜っと写真掲載していきますね(; ̄ー ̄川 アセアセ

とりあえず、次に紹介するのはアンコールワット遺跡群の中で私たちの一番のお気に入り"アンコールトム(バイヨン)“!!

アンコールトム(バイヨン)

アンコールワット遺跡群で写真を撮影していると、現地の方らしき人が「ここから撮影すると良いよ。ほら、あの部分が綺麗に入るでしょ。」などと声をかけられるんです。

良い人なのか、はたまたガイドをしてお小遣いを稼ごうとしているのか、、、。どうも疑ってしまう私たちなので、「あ、ありがと〜。」とかいって流しちゃいました。 冷たくするのがちょっと悪い気がしちゃうんだけどねσ(^_^;)アセアセ…

アンコールトム(バイヨン)

アンコールトム(バイヨン)

アンコールトム(バイヨン)

アンコールトム(バイヨン)

こちらは映画「トゥームレイダー」の撮影場所としても有名なタプロームガジュマルに浸食される遺跡がなんとも不思議なオーラを放ちます(@Д@; アセアセ・・・

ガジュマル

タプローム

ラプローム

タプローム

ここからは、この日に見た遺跡の写真をガーっと貼り付けます!

アンコールワット遺跡群

多分タプロームとかアンコールトムらへんも混ざってるっぽい。。。m(。≧Д≦。)mスマーン!!

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

アンコールワット遺跡群

階段が急なところもあります!絶対に歩きやすい靴で行ってね☆ 階段超急だよ〜

そうそう、それからアンコールワット遺跡群で良く声かけられるのが「お線香あげてください。」的なやつ! 相手がおばあちゃんなもんだから、最初は「はい、わかりました。」ってやっちゃう感じなんだけど、これもやっぱりお金目当てっぽいんだよね。まあ、1ドルくらいお供えしても良いのかもしれないんだけど。

結構うちらはスルーしちゃうんだ、いつも。。。m(-_-)m スマヌ

お線香

今回はちょっとザツな雰囲気紹介しましたが、これでも1000枚くらいある写真のなかから選ぶだけで大変だったので、、、 勘弁してねm(._.*)mペコッ

次はアンコールワット遺跡群の二日目!バンテアイスレイについてご紹介します!! お楽しみに♪ヽ(^-^ ) (v^ー゚)