TATSU&YUKIの二人旅.COM

海外滞在期間は計"約4年半!留学・ワーホリ&世界一周旅行をした元バックパッカー夫婦の旅行ブログ

MENU

プノンペン観光2【ポルポト虐殺博物館S21・キリングフィールド】カンボジア

ポルポト虐殺博物館

今回の旅行記は、カンボジアの悲しい歴史についてのダークツーリズム"ポルポト・トゥールスレン虐殺博物館(S21)・キリングフィールド(チュンエク)"について紹介します。

※今回は少し衝撃的な画像が含まれるので、閲覧注意かもしれません。そして、最後にムカデの写真があります。


2014年5月15-20日

トゥールスレン虐殺博物館 (S21)

1975年クメール・ルージュは首都プノンペンを占領。

革命に学問は不要と言う方針を打ち出し、知識人、医者、職人、教師などは共産主義の邪魔になるとして、また、政府に反対する人々を「反革命分子」とし、ことごとく捕らえ、このS21(トゥールスレン・政治犯収容所)には2年9ヶ月の間には14,000~20,000人が収容されたと言われています。

トゥールスレン虐殺博物館 (S21)

メガネをかけているだけで捕らえられたとも言われています。

クメール・ルージュの兵士のほとんどが子供で、ついには子供医師まで存在していたそう。

トゥールスレン虐殺博物館 (S21) 1976年、もともと学校だった施設を"政治犯収容所 (S21)"に転用したそうです。

 

虐殺博物館S21

私たちが到着してすぐに雨が降り出し、重々しい雰囲気が一層増しました。

 

ポルポト虐殺博物館S21

ここでは上から逆さまに吊るされた人達が、肥料に使う汚い水(おそらく糞尿でしょうか)の入った壺に顔を入れられて拷問されたそう。恐ろしすぎます。

  トゥールスレン虐殺博物館 (S21) トゥールスレン虐殺博物館 (S21)

ここではベッドに縛り付けられ、道具を使って拷問をうけたようです。床に残るシミは血痕なのでしょうか。

このような部屋はいくつかあり、実際に亡くなられた方の写真が貼られている場所もありましたが、気の毒すぎて写真におさめることはできませんでした。

 

トゥールスレン虐殺博物館 (S21)トゥールスレン虐殺博物館 (S21)

小さな牢屋もたくさんあります。。

 

トゥールスレン虐殺博物館 (S21)トゥールスレン虐殺博物館 (S21) 亡くなった方々の骨の写真です。こんなことが40年程前に起きたなんて、とても信じられません。

 

ポルポト虐殺博物館

穴があいた、実物の頭蓋骨。

何も罪のないたくさんの人達が拷問を受けて亡くなりました。

 

ポルポト虐殺博物館

収容された人たちは残忍な拷問をくり返されたあげく処刑され、そのうち生還できたのはなんと8人のみ!!(これまでは7人とされていたが、別の刑務所に移送されたため生き残った女性1人が名乗り出たそう。)

 

トゥールスレン虐殺博物館(S21)には、拷問の様子を表した絵や、亡くなった方の写真など多数展示されていました。

目をそらしたくなるような物ばかりで、写真撮影は控えましたが、実際に自身の目で見にくる価値のある場所と言えます。

 

地図・アクセス

私たちは歩いて行きましたが、プノンペンの中心地からは結構遠いです。 歩道がしっかりしていない場所もあったので、無理をせずにトゥクトゥクを利用したほうが良いかもしれません。

ポルポト

こやつがクメール・ルージュの精神的指導者ポル・ポト(サロット・サル)。この写真にはkillerと落書きがされていました。見るからに悪い顔をしていますね。 ポルポト虐殺博物館

くそポルポトの名言でもなんでもない"胸糞悪い戯言"があります。

「たとえ親であっても社会の毒と思えば微笑んで殺せ」

「腐ったリンゴは、箱ごと捨てなくてはならない」

完全に狂ってますよね。

 

ポルポトの最後

くそポルポトは最後どうなったのか、、?

1998年にポルポトは心臓発作で死んだとされています。しかし、毒殺もしくは自殺の可能性もあるとも言われているそう。

 

ポルポトの墓

もともと墓は用意されなかったそうですが、後に作られたんだとか。 結構ショボい墓です。

画像はウィキペディアに載っています。

 

ポルポトの娘

ポルポトには子供がいます。 その娘は2014年に結婚したそうで、"The Diplomat"というサイトに写真が掲載されています。

 


キリングフィールド(チュンエク)

キリングフィールド(チュンエク)

キリングフィールドポルポト政権下のカンボジアで大量虐殺が行われた刑場跡の俗称です。 ここにはトゥールスレン以外の収容施設からも犠牲者が送り込まれました。

 

キリングフィールドキリングフィールド

日本語で聞くことのできる音声ガイドを利用して、番号に従って進みます。

 

キリングフィールド

音声ガイドの説明がなければ、一見何もなかった場所かの様に見えてしまいます。

 

キリングフィールド

この場所には、大音量の音楽が流れるスピーカー設置され、犠牲者の悲鳴などをかき消していたそう。外からはここで大虐殺が行われていることがわからないようにカモフラージュしていたんですね。

 

キリングフィールド

この写真の木は、鋭くなっている部分を使い、人の喉を切るのに使っていたとのこと。

 

キリングフィールド

こちらには人が埋められていました。

 

キリングフィールドの骨

今でも地中に埋まった骨や衣服が雨などによって表面にでてくるそう。

 

キリングフィールド

キリングツリーと名付けられたこの木にはたくさんのミサンガが付けらています。 幼い赤ちゃんや子供はこの木に叩きつけられて殺されたそうです。

 

オーディオから流れる解説はとてもおぞましい内容で、現実に起きたこととは信じられませんでした。あまりにも内容が酷すぎて、ブログに全ての内容を書くことは控えようと思います。

 

キリングフィールド

こちらは犠牲者の頭蓋骨や骨が保管されている慰霊塔で、中に入り見学することができます。そこには虐殺に使われた斧やナタなども保管されています。

 

地図・アクセス

キリングフィールドは郊外にあるので、トゥクトゥクで行きましょう。 砂埃がすごいので、マスクか口元の覆えるハンカチなどを持っていくのがオススメ。 キリングフィールドに向かうトゥクトゥク

 


ポルポトに関係する映画

映画「キリング・フィールド (The Killing Fields)」

『キリング・フィールド』(The Killing Fields)は、1984年制作の英国映画。ニューヨーク・タイムズ記者としてカンボジア内戦を取材し、後にピューリッツァー賞を受賞したシドニー・シャンバーグ(Sydney Schanberg)の体験に基づく実話を映画化したもの。1984年のアカデミー賞において、助演男優賞・編集賞・撮影賞の3部門受賞。

出典:キリング・フィールド (映画) - Wikipedia

DVD

 

映画「消えた画 クメール・ルージュの真実(L'Image manquante)」

『消えた画 クメール・ルージュの真実』は、リティ・パニュ監督による2013年のカンボジア・フランスのクメール・ルージュに関するドキュメンタリー映画である。

第86回アカデミー賞外国語映画賞にはカンボジア代表作として出品され、ノミネートに至った。映画の大半はニュースとドキュメンタリー映像であり、残りはポル・ポトにより掌握されるカンボジアが土人形を使って描かれる。

出典:消えた画 クメール・ルージュの真実 - Wikipedia

DVD

 


 

クメール・ルージュによる強制労働や組織的な虐殺などによってで、国民の1/4とも言われる人々を死に追いやりました

ムカデ

今回は暗い内容となってしまいましたが、これは遠くない過去に実際に起きたことなのです。

プノンペンに来た際には、是非トゥールスレン虐殺博物館(S21)キリングフィールド(チュンエク)へ立ち寄ってみてください。

 


©Tatsu&Yukiの二人旅.com